グレート札幌カントリー倶楽部【2017北海道ゴルフ三昧シリーズ-3】

 7月18日(火)は前夜からの雨で、スタート時間になってもしょぼつく雨は上がらなかった。

今日は、2017北海道ゴルフ三昧シリーズの第3回、ヒロさん、コロンさん、モグさんとのラウンドだ。

ヒロさんはわたしのポケットから乏しい年金の一部を抜き取るのが楽くてたまらないらしい。

東京オリンピックの「プレ・オリンピック」を開催する運びとなった。

「バーディーは倍付けですね」ヒロさんが穏やかな口調でビッドを上げてくる。

ヒロさんの焼け太り、残り3人の財政破綻防止策として、10ポイント打切り法を適用することになった。





IMG_7336 600x
スタート時間になっても雨は上がらなかった
Out 1H

【前 半】
【OUT コース】
1H Par5
しょぼつく雨の中、ティーショットはしょぼいながらもフェアウェーをキープした。
北海道のほとんどすべてのゴルフ場に当て嵌まることだが、ここも年々生長するゴルフ場で、2打地点に立つとグリーンははるか彼方に遠ざかっている。
1年で15ヤードは生長したに違いない。
靄った重い空気の中をスプーンで残り200ヤードまで運ぶ。
3打目は出来るだけグリーンに近づけようと強振すると・・・ミスショット♪
気を取り直しての4打目はカップ左手前4ヤードに付いた。
パッティングラインは上りの球2個左へ切れる、と読んで1パット宣言:「銀、いただきます!」
読みとストロークがぴったり合って「カラン♪」と入り、パーの3ポイント獲得。
こいつぁあ朝から縁起がいいわい。

2H Par4
フェアウェーの左に立木があって、そこから先が下っている。
右へ押し出せばOBラインが待っている。
立木の右を狙って思い切りドライバーを振ったら・・・ヒールに当たって左ラフにザザザと距離も出ない。
5Wでフェアウェーに戻し、3打でグリーンを狙う。
横長のグリーン上、ピンは左奥にある。
3打目はグリーン手前のエッジに落ちて、わずかに乗る。
15ヤード以上の上りのパットをショートして、ボギーパットも外し、ダブルボギー(>_<)。

2打目をグリーンに乗せ損ねた(?)ヒロさんが、ピンに寄せて鉄パットを決め、1ポイントゲット。

3H Par4
右が丘になっていて、軽く右ドッグするパー4。
右裾を狙ってフェアウェーをキープ。
2打目を3Wでグリーンに近づけようとするが、頭叩いてチャンチキおけさ♪
7鉄でグリーンを狙うも噛んで手前10ヤードへ。
ピンは左手前に立っていて、その部分のグリーンは右へ傾いている。
サンドウェッジでピン手前に落とすと、球は予想より右へ流れて1ヤード半右に止まった。
美味しい銅パットを決め、2ポイント追加。

雨が小糠に変わり、やがて上がってきた。

4H Par3
打ち下ろし、170ヤードのパー3。
5Wを振ると、ピン左3ヤードのバーディー・チャンスへ♪
ヒロさんが左下から長いバーディー・パットをかなりショートする。
「あれ?重いのかな。」
わずかに上りが入って右へ切れるライン。
バーディー・トライは・・・ショートしてカップに届かず。
ただのパーだった(>_<)。

5H Par4
目の前の窪地を越えてからは真っ直ぐなパー4。
ティーショットは窪地をやっと越えた右ラフ。
5Wでフェアウェーへ。
第3打をP/Sでグリーンをとらえるも、1パットで沈められず、2パットのボギー。

6H Par4
谷越え、右ドッグレッグの距離あるパー4。
狙い目は右のフェアウェーに立っている240ヤード地点表示のポールだが、その右へ打つとOBの恐れがある。
安全に左を狙って打つと、フェアウェーを越して左のセミラフへ。
3Wでグリーン手前70ヤードへ。
P/Sでグリーンをとらえるも、転がるはずの球がすぐに止まって、カップまで4ヤード。
左に切れるラインはそのまま弱くなって切れ、2パットのボギー。

7H Par3
打ち下ろしのパー3、ピンはグリーン左奥に立っている。
上空は逆風が吹いているようだ。
ティーショットの感触はよく、球はピンに向かったが上空で失速し、グリーン左手前のバンカーへ。
距離のあるバンカーショットを・・・ホームランしてグリーンを10ヤード近くオーバー♪
下りのグリーン面に落とすと下まで行ってしまいそうなので、エッジに落とそうとサンドウェッジを開いてショット。
手前過ぎてオンせず。
パターでOKに寄せ、ダブルボギー(>_<)
失敗続きに肩を落とし目を伏せていたら、ヒロさんが、「鉄ですね。」
1ポイントゲットしていたのに気づいていなかった(>_<)
やっぱり口とは裏腹に、わたしはカネより名誉を重んじるんだ、と妙に納得した。

8H Par4
打ち上げの右ドッグレッグのパー4。
第1打の落下地点に立木があり、その左狙い。
それ以上右を狙うと窪地に囚われ、次打が難しくなる。
またひっかけて左過ぎるとOBが待っている。
狙い通り木の左に打って行けた。

3Wは引っ掛けてグリーン手前15ヤードへ。
ピンはやや右奥に立っている。
サンドウェッジでピンを狙うと、カップ右下1.5ヤード強へ。
左に切れるラインを・・・打ち切れず、左に垂れて2パットのボギー。

9H Par5
2打地点でディッチを越え、打ち上げていくパー5。
ドライバー・ショットはフェアウェー右の好位置をキープ。
2打目は3Wでトップ気味、やっとディッチを越える。
次打で距離を稼ぎ、のこり80ヤードをピッチングでピン右上3ヤードに。
左に切れるラインと読んだものの、実際には弱くなってからカップ手前で切れ、ボギー。

朝のスタート前では、練習グリーンの「速さ」が想像より速く、雨の影響があまりない印象だった。
しかし、実際のグリーンでは、全体に遅く、打ち切れていなかった。
そのため、カップ手前で球の勢いが削がれ、最後に曲がって入らないことが多かった。

前半のスコアは45。
オリンピックのポイントは、ダッファー6、ヒロさん3、モグさん3、コロンさん2と全体として低調だった。
まっ、いいか。


【後 半】
【IN コース】
後半のスタートを前にヒロさんが「大福」をごちそうしてくれた。
頬張りながら「わたしはダイフクがだーいふく」と言うと、ヒロさんは「そうでしょう。」
穏やかに笑っているが、何かフクむところがありそうだ。

そして鮮やかなドライバー・ショットを放って行った。
わたしは右へフカし、ラフからグリーン右前のバンカーの手前へ。
そこからロブショットでグリーンの下へ。
ヒロさんはなぜか2オンを避け、3打目をシャンクか?
4打目でオイシイ位置へ。

コロンさんも3オンを避け、4打目をほぼOKの位置へ。

モグさんが3パットして唇を噛みダブルボギー、わたしが外してボギー。
ヒロさんが銅パットを決め2ポイントゲット、コロンさんが鉄パットを決め1ポイントゲットした。
ポイントが動き出した。

11H Par4
左ドッグして2打目から打ち上げの長いパー4。
ヒロさんは左山裾からフェアウェーを狙ったが、どうやら中腹のラフにつかまってかOB。
わたしはフェアウェー左の好位置から3Wで打ったが、力が入ってダフリ、目の前の窪みを越えただけ・・・
のはずだったが・・・球は戻りはじめて・・・ころころ窪みの下まで転がり落ちた。
ピンまで上りではあるが距離は130ヤードほど、手にしているのは3Wで、バッグを積んだカートはずっと右のカート道に。
ええい、とばかりスプーンのフェースを開いてスライス気味に打ち上げてアプローチを試みる。
グリーンの手前で止まってくれた(*^_^*) 。
パターで寄せ、1パットの鉄はボギーで1ポイント♪

モグさんが銅2ポイントを決め、「どーだ♪」
いよいよポイントが動く。

12H Par5
大きく右に曲がりながら下って行くパー5。
第1打は左方向へ放ち、2打も左を心懸ける。
3打目をグリーン手前20ヤードに運び、サンドウェッジでカップを切ってある2段グリーンの上段に寄せる。

前のホールでOBを出したヒロさんは何やら燃えるものがあるらしく、3打をきっちり打ってグリーン左奥のカップの右4ヤードに付けた。
バーディー・パットのラインは右から左に切れるライン。
カップまで歩測し、スパットを確かめ、やや低くしかし断固とした口調でヒロさんが言う、「金、バーディー!」
グレート札幌カントリー倶楽部のメンバーとして知悉したグリーンでヒロさんが勝負に出た。
心地よい響きを立てて放たれた球は迷い無くグリーン上を滑り、最後に左に切れそうになって思い直し、そのままカップに飛び込んだ!
「よし、金、バーディー!♪」
金5ポイント、バーディー倍付け⇒10ポイントゲット。
モグさんが唖然とし、コロンさんが呆然となり、ダッファーが愕然となった。
もうだれのパットも入らない。

13H パー3
打ち下ろし谷越えのパー3。

ヒロさんのティーショットは、ペシャっと右手前の木立の中へ。
ヒロさんはなぜか20ヤードのアプローチをショートして、3打目をピンに付ける。
なぜ2打で乗せないのだろう???

わたしはピン左横へ2ヤード強に付け、バーディー・チャンスへ。
ファーストパットが思いの外右に垂れ、がっかりした訳でもないが、パーパットも外し、3パットのボギー。

ヒロさんは、至近の鉄パットを入れ、資金をさらに貯め込む。
コロンさんとモグさんは2パットでそれぞれボギー、トリプルボギー。

14H パー4
右ドッグのパー4、第1打の落下地点右側にバンカーがある。
以前は越したこともあるが、しばしばこのバンカーにつかまったものだった。
その内、飛距離が落ちてバンカーに届かなくなっていた。
最近ではグリーンまでの距離は増えるが安全なはるか左方向に打ち出すようにしていた。
今日は思い切り良く、バンカーの左を狙ってみよう。
前のホールで狙い通りの方向に打てたので意を強くしたのだった。
結果は、狙いより右に出て、バンカー方向へ一直線(>_<)。

このホールはあまり生長していないのかな?
バンカーから5Wで出し、サンドウェッジでグリーンをとらえる。
カップまで2.5ヤード、やや左に切れるラインだ。
パーパットを打つとその直後に「カチッ!」
金属性の音がして球は左に逸れた。
見ると、グリーン上に砂粒より大きく小石より小さい米粒大の石があった。
タップインして残念ボギー。

15H パー4
右山裾から軽く右ドッグレッグのパー4。
右山裾を狙って渾身のドライバー・ショットを放つと、山裾からカート道を越えてくれた。
残り、150ヤード+αだが風はややフォロー。
7Wをスパッと打つと、グリーンに落ちて奥のピンの右3ヤードに付く。
乾燥していたら上りでも転がり出たかも知れないが、雨の後なので球が止まってくれたようだ。
右から左へ落ちるラインを、強めに打ったら・・・カップの上を過ぎて1ヤード以上オーバー。
返しが弱くて右に垂れ、ここでも3パットのボギーとしてしまった。

ヒロさんは2オンして2パットのパー。
「金持ち喧嘩せず」と言いたげな涼しい顔をしている。

モグさんが見事なショットを2回続けてパーオン。
しかし、わたしと同様3パットしてボギー。
動揺していた。

コロンさんはあちこち諸国漫遊の末、5オンして2パット。
ヒロさんを追うものがみな自滅モードに陥っている。

16H Par5
ヒロさんがアゲンストの風に低めの球をフェアウェーに飛ばす。
打ち上げの上に逆風でわたしの球は飛んでいない。
コロンさんはわたしより5ヤードほど前の左ラフへ。
モグさんがパチンとよく球を弾いている。

どうも今日は飛ばそうとするとダフることが多い。
4打目もダフリ、グリーン手前から右奥目のカップにアプローチを試みる。
右から左へ落ちるラインをサンドウェッジで足を使い、右から転がす。
カップより左に止まって、1パットの鉄は1ポイントをゲット。

17H Par3
なぜかオナーになっている。
160ヤードの打ち下ろし、風はややアゲンスト。
ティーショットは打ち損じの感があるも、球はグリーン手前から転がってピン左横やや上の3ヤード弱へ。
本日4回目にしておそらくは最後のバーディー・パットだ。
右へ曲がるラインと読んだが、打ち足りずに右へ逸れ、タップインしてただのパー。

18H Par4
打ち下ろし、その後打ち上げのパー4。
本日最後のティーショットはそれなりに打てた。
2打目は3Wでグリーンに近づけるつもりが、被り気味に打って左へ。
バンカーを越したところで止まった。
グリーンまで30ヤードの打ち上げ、サンドウェッジでアプローチを試みたがラフに食われて乗っただけ。
2パットのボギー。
後半のスコアは44。
前半45だからトータルは89。
ポイントは2加えて、トータル8に終わった。

このホールで見事なショットを放ったのはコロンさん。
2打地点から打ち上げで、残りは160ヤードほどだが、平らな距離に換算すると190ヤードにもなろうか、これを高い弾道で見事にグリーンをとらえたのだった。

「金持ち喧嘩せず」然としていたヒロさんは、3打目をしっかりピン下60センチに付けていた。
コロンさんが聞こえよがしに、「普通あれは外すけどね。」
「うん、良識あって友情を重んじるなら、外す」とわたし。
いつもより心なしか時間を掛けてヒロさんはど真ん中からパーを決め、だめ押しの鉄1ポイントを加えた。

ヒロさんの後半のスコアはわたしと同じ44。
トータルは88の末広がり。
しかしポイントは14加えて、トータル17に伸ばした。
大福を振る舞って種をまき、果実として投資額の何倍もの大福をもぎ取る、ヒロさんの高等戦略が実を結んだラウンドだった。

泣き笑い獲得ポイント集計:
大笑いをしたのはヒロさん ー 17ポイント。
大泣きをしたのはコロンさん ー 3ポイント。
中泣きをしたのはモグさん ー  5ポイント。
小泣きをしたのはダッファー ー 8ポイント。


ヒロさん、コロンさん、モグさん、楽しく遊んでいただきありがとうございました。





【2017北海道ゴルフ三昧シリーズ-3】
グレート札幌カントリー倶楽部
2017年 7月 18日(火) 
 
Out-In コース  Jul. 18, 2017. Rainy⇒Cloudy. Cool.   
Regular Tee

Out コース

Hole 1   2   3   4   5   6   7   8   9  TTL
Par  5 4 4 3 4 4 3 4 5 36 
Score 5 6 5 3 5 5 5 5 6 45 


In コース
Hole10 1112131415161718TTL
Par  4 4   5   3   4   4   5   3   4   36 72
Score 5 5 6 4 5 5 6 3 5 44 89

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

コロンさんへ

ショットが良くなっていますね。
特に最終ホールでは、打ち上げの実質190ヤードほどを高い弾道でグリンに載せていったのには舌を巻きました。
あれでパッティングが好調だったら・・・想像しただけで震えが来ます(>_<)。
練習ラウンドで1パットが7回!
牙をむいたら恐ろしぃ~い!!

No title

そうか------
あのまんじゅうには1パットできない
念力がかかってたのねwwwww
今日の練習Rは、1パットが7回でした。
明日この調子で行きたいなーo(^-^)o

やまさんへ

日照りと強い紫外線に参っていたので、雨と曇りの一日はかえって体には有難かったです。
北海道の紫外線は日焼け止めクリームを使っていてもひりひりと浸透し、本当に強いのです。

久しぶりのパー発進でしたが、その後が続かず気勢が上がりませんでしたが、最近恒例の大叩き祭りもなく、ボギーペースでした。

筋力が落ちてパーオンするホールが少ないのでアプローチ・ショットとパッティングの精度を上げなければなりません。

ゴルフ場で練習ができるときには時間をかけて練習をするようになりました。

一昨年あたりはラウンドで回るのがやっとでしたが、少し余裕が出て来たようです。

昨日もスタートの2時間以上前にコースに着き、みっちりアプローチの練習をしました。

すぐに成果は出ませんが、意図する飛距離と実際の飛距離のずれを修正する方法を思い出したのはよかったと思います。

後は練習を繰り返し、ラウンドで確かめ、ストロークの仕方を意識せずに思い通りの距離(20ヤード、30ヤード、50ヤード・・・)を打てるようにするのが課題です。

No title

お疲れ様です。
スタートから雨で残念です。
そんな中でも、パー発進はよいです!
トータル89
パー3つですが、大たたきもなく、
ほぼボギーペースですね。

ヒロさんへ

おお、噂をすれば影!

先日は可愛がっていただきありがとうございました。

1ストローク違いで、天国と地獄の棲み分け、見事なパフォーマンスでした。

大福、大好きです。

今度は、その福をわたしに下さい<m(__)m>。

さんたろうさんへ

>オリンピックは参加することに意義があって、メダル獲得が目的ではありません。

至言です。

実は、7Hのショートでホームランしたり、そこからの寄せをちびったりしてダブルボギーを叩いたときは、なぜかショックが大きくてオリンピックのことを忘れていました。

ヒロさんに「鉄」と指摘され、はっと気づいたのでした。

このところ90を軽く超すことが多いので、89は良い方です。

skyさんへ

最近のラウンドにしては珍しく何度かチャンスがありました。

そしてことごとく外しまくってしまいました(>_<)。

まだミスショットの合間にゴルフをしているみたいですが、アプローチ・ショットの距離感が戻りつつあるようで、ラウンドが楽しみになってきました。

ダッファーさん、先日はありがとうございました😊
また、遊んで下さいね♪
また大福持って行きますので➰🎵

No title

なるほど、・・・
それで、ヒロさんとの遺恨(?)のゴルフが、今年は続くわけですか?  (笑)
まぁ、いずれにしろ楽しいゴルフとなっていますね。

オリンピックは参加することに意義があって、メダル獲得が目的ではありません。
競技は 参加に意味があるので、私は今後もメダル争いに加わりません。
勝手にやることは十分理解していますので、止めません!            アハハ


ン?  スコアー が   89
まだまだ、あのコース距離で、90を切れるとは、・・・・ たいしたもんだ、 出・来・ま・す・ね・!

No title

楽しくラウンドされている様で何よりです。

バーディーパットが沢山あって入らないでもチャンスがあることは、何時かは入る。

次回は量産してオリンピックで、大笑いしてください。

   
プロフィール

ダッファー 

Author:ダッファー 
夢 もう一度St.Andrewsオールドコース17番でパーを取る。
似た役者 中村扇雀 改め坂田藤十郎
夢中対象 ゴルフ 1989(H23) '90(H14)'93(H7)'96(H5) 2004(H8) /写真/花鳥風月 
ホールインワンは3回しか達成していない。生涯計画6回完遂^^。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
天気予報(札幌・石狩地方)
天気予報(全国)

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
最新記事
ブロとも一覧

あわピューing・GOLF

BITCOIN MAXXIMIZE & 本格コーヒーで燃えるダイエット

CHYARAの徒然日記

シャンクな日々改めシングルへの日々(2006年12月27日)

しんしんの日記

愉快な仲間と楽しいゴルフ&スキー

syoball

ゴルフ大好きです(in静岡)
カテゴリ
ブログ内検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
RSSリンクの表示