ピサの斜塔か余市の墓石か、すでに鼎の軽重を問われる危険な状態

毎年訪れる余市町の墓場で、年ごとに気になることがある。

それは・・・





DSC_5183 600xT 20160724 余市美園 Nikon 1 V3, AF-S DX NIKKOR 18-300mm, 500sec f3-5 ISO160 EV0 mm spot metering

訪れる度にある墓石が傾いて、今にも崩れ落ちそうなことである。

墓を管理する町では、持ち主に注意して建て直すなり補修するなりを促したいのだろうが、おそらく墓を見る後継者がもはやいないのではないだろうか。

近くに人がいる時崩れ落ちれば大怪我をしかねないにもかかわらず、こと信心に関わることなので、自治体もへたに手出しが出来ないのだろう。

墓の周りにロープを巡らして、「通行注意」の紙が2枚ひらひらしている。

ピサの斜塔が倒れる前、余市の墓は来年までには崩壊必至と見た。

事件にならねばよいが。。。





DSC_5183 600x 20160724 余市美園 Nikon 1 V3, AF-S DX NIKKOR 18-300mm, 500sec f3-5 ISO160 EV0 mm spot metering
今にも倒れそうな墓石
撮影:2016.7.24.北海道余市町 Nikon 1 V3, AF-S DX NIKKOR 18-300mm, 1/500sec f.3.5 ISO160 EV0




DSC_5185 600x
4つの脚で支えていた内、1つは完全に浮いている
残りは3つ、まさに鼎の軽重を問われる危険な状態なのだが
撮影:2016.7.24.北海道余市町 Nikon 1 V3, AF-S DX NIKKOR 18-300mm, 1/500sec f.3.5 ISO160 EV0

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

skyさんへ

まったく愉快痛快ですね、33は額に入れて飾っておきましょう。

何年に1回か、ゴルフの神様が降臨したかのようにやることなすこと上手く行くことがありますね。

今日はまさにそのような日だったのでしょう。


こちらは一昨日から大雨で荒天が続いています。

昨日はほとんど降られずにゴルフが出来ましたが、今日はコースへ行くとザンザ降り。

一人は帰り、残りの3人はスマホの天気予報とにらめっこ。

ほとんどのプレーヤーはキャンセルして来場しないか帰る中、待つこと1時間ちょっと。

予報が「降雨0」を出したので、急遽スタートしました。

スタートする本日最初の組でした。

ところが、コースに出るとザーっと来て、前半は断続的な雨にしっぽり濡れにぞ濡れし。

フェアウェーのあらゆるところがカジュアル・ウォーター、バンカーは水浸し。

ハーフが終わった時点で、ロッカールームへ帰り、シャツからパンツ、靴下に至るまで着替えをして後半へ向かいました。

すこあは・・・ぐじゃぐじゃでしたが、なぜかskyさんと同じような印象でした。

skyさんは33、わたしはサンザンでした。

No title

三途の川を渡り切ったのですね?
まぁ、あまりありがたくない川ですね!
ラウンド出来た事には感謝でしょうか?

私と来たら、今日は神がかっているスコアーでした。
ダッフアーさんの言葉を使わせて頂くと、これで10年はゴルフが出来ます。
もうもう、ビックリポンが何度も来ました。

skyさんへ

現代の一部を象徴しているようなのでパチリと撮って見ました。
今回の嵐でだれもいないときに倒壊するのではないかと思うほどです。

一昨日支笏湖畔の宿で「日本秘湯を守る会」に属する温泉宿に泊まりました。
支笏湖の湖面と露天風呂の水面が同じという、野趣あふれるところでした。

帰りは低気圧による雨風で山道を運転するのに気を使いました。
今日のゴルフはてっきり不可能と懸念するも幹事からの連絡もないので、今朝は現地集合してその後解散か、と出かけましたが、しょぼ雨が上がり、ゴルフをしてきました。
ときどき雨が落ちましたが、まったくラッキーでした。
やや元気のないゴルフでしたが、ベチャっとなったバンカーから2度ほどOKの位置につけたことと、パー3で阿波屋伊里右衛門だったことが良いニュース、フェアウェーでも球が半分ほど沈むライから飛ばず乗らず入らずの三途の川を渡ったのがバッドニュースでした。

また雨の様子なので、風呂に入らず帰路につきましたら途中でバシャっと来て、今また降っています。
降ったり止んだりで、所により土砂降りなものですから、先が読めません。

明日のプレーはどうなるやら、気をもむばかりです。

No title

これは危ないですね!
寺の住職も持ち主の許可がなければどうすることも出来ないんでしょう~!
ましてお守りをする後継者がいないとなると、手が出せない状態でしょうね^^;

北海道もTVで見ましたが、大分雨が酷いようですね!
地盤も緩む今日この頃、通りがかりの際は十分気を付けてください。

早いもので8月のお盆が近ずきましたね。
先祖の墓も私がいるうちは、しっかり守っていこうと改めて思います。
何百年も続いている先祖代々のお墓なので大事に守り続けて行かなくては・・・。

ルイさんへ

墓の継承ではスムーズにいかないケースが増えているようですね。
第一に、少子化により後継者の候補そのものが減少していること。
個人主義が「家」の概念を壊して、家の象徴ともいえる墓を引き継ぐ者が減っていること。
個別に新たな墓を作り、先祖とは繋がりを持たなくなる人が増えていること、など。

この墓は何年も前から傾き始めて、危ないなと思っていましたが、今年はまた一段と傾斜し、ロープと通行注意の注意書きにまで至っていました。

昭和7年に建立されたようですが、管理をする人がいなくなっている印象を受けました。
現今の世相を反映しているようで気に懸かっていました。
来年も同じ墓地を訪れますが、95%以上の確率で倒壊している方に(不本意ながら)賭けます。




No title

昨年、父の故郷を訪れると本家の古いお墓が
綺麗に改修されていました。
本家に寄ってみると、今後のお墓の管理の先
が見えないと話していました。

   
プロフィール

ダッファー 

Author:ダッファー 
夢 もう一度St.Andrewsオールドコース17番でパーを取る。
似た役者 中村扇雀 改め坂田藤十郎
夢中対象 ゴルフ 1989(H23) '90(H14)'93(H7)'96(H5) 2004(H8) /写真/花鳥風月 
ホールインワンは3回しか達成していない。生涯計画6回完遂^^。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
天気予報(札幌・石狩地方)
天気予報(全国)

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
最新記事
ブロとも一覧

あわピューing・GOLF

本格コーヒーで燃えるダイエット

CHYARAの徒然日記

シャンクな日々改めシングルへの日々(2006年12月27日)

しんしんの日記

愉快な仲間と楽しいゴルフ&スキー

syoball

ゴルフ大好きです(in静岡)
カテゴリ
ブログ内検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
RSSリンクの表示