O brave new world! 素晴らしき新世界!

薫風香る5月最後の土曜の午後、シェークスピアの「The Tempest(テンペスト)」を妻と共に観た。

International Theatre Company London(インターナショナル・シアター・カンパニー・ロンドン)の第43回公演、日本各地を回って最後の舞台が明星大学シェークスピア・ホールであった。

素晴らしい演技だった!




20160528 Meisei University Shakespeare Hall
2016.5.28.The Meisei Shakespeare Hall Nikon 1 V3, AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR



この芝居をテキストで初めて読んだのがもう約半世紀前、英文学者で評論家・社会改革者の中野好夫先生の講読でだった。

対立を超克して宥和を果たす主人公・プロスペロと人類を信じ新世界に羽ばたこうとするミランダに心ときめかせたものだった。

中野先生の若い頃はよほど「怖い」印象を学生たちに与えていたようで、当時教わりその後教鞭を執るようになった先生たちに、「先生はどうだ?」とよく聞かれた。

確かに、十分予習しないまま根拠のない想像で答えたある学生に、「もう出んでもええ」と出席停止を言い渡したことがあり、学問上は厳しかった。

しかし怒鳴り散らしたりすることは一度もなく、「怖い」と感じたことはなかった。

もしあるとすれば、それは「畏怖」というものだった。

自主的な研究会の開催場所を探していると、ご自宅を使わせてくれたりした。

その日は月曜日で、会員の前で発表をしていると、しきりと伝言が届く。

前日に行われた東京都知事選挙の開票状況だった。

接戦の末、どうやら革新統一候補の美濃部亮吉さんが当選確実になった。

ぎりぎりの時間になって先生は、「行かなきゃならん、当選してしまったから」とさも迷惑そうに立ち上がった姿が忘れられない。

だれよりも熱心に美濃部さんを推し、素晴らしき新世界を目指していたにもかかわらず、大儀そうな様子がおかしかった。




Inside the Shakespeare Hall
グローブ座を模した作りの観客席〔公演開始前〕
上演中は録画・録音が禁じられているのでご紹介できないのが残念




今回の公演で気になったことがひとつある。

それは、最後の幕切れの場面で、すべての秩序を取り戻したプロスペロが大地に両手をつき、自らの命の終焉を暗示しているかに振る舞って見えた。

初めて戯曲を読んだときは、差し迫った死はない、まずはめでたしめでたしと受け取っていたので、解釈のずれが面白く思えた。

あれから半世紀、今東京都知事の舛添要一さんは公金の使い方が不適により都民の約8割が辞任すべしとしている。

ぐだぐだ責任逃れの時間稼ぎをせずに即刻辞めるべきだ。

素晴らしき新世界は絵に描いた餅なのか。

「テンペスト」は汚辱の世界にあって一服の清涼剤だった。



cast
International Theatre Company London キャスト
-パンフレットより-

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

skyさんへ

この日は開場の40分前に着き、列の3番目に並びました。
自由席なので良い席を選べました。
わたしは生唾が飛んでくるかも知れない最前列、かぶりつきに坐りたかったのですが、妻は2列目を主張、それに従って2列目に陣取りました。
劇中、舞台から〔飲み物〕が飛んできて、ちょいと濡れました。
中身は水だったのですが、観客から哄笑が起こりました。
まあ、それを計算して上のことでしょうが・・・。
臨場感満点です。
生唾よりは衛生的?でした。

No title

良く奥様と連れ立って色々な所を行かれている様子を伺いますが、仲良しで何よりです。

我、山の神は私より友達と行きたいと訳の分からないことを良く言います。

お金を自分で出しても、ひょうきんな女友達が良いようです。

ルイさんへ

あはは、あのシェイクスピアですね。
出来た頃、通りがかりに立ち寄って、もし良いコースなら会員になろうかと受付に行きましたが、その当時は鼻息荒く、ふんといった感じでした。
理事長の父親の国会議員選挙の時、運動の中枢にいた人が身近にいたので必要なら名前を出そうかと思ったのですが、どうにも鼻持ちならなかったので、「ああ、これじゃ駄目だ」と沙汰止みにしました。
経営が左前になってから、手のひらを返したように態度が変わったのもがっかりです。
高楊枝を加え続ければそれなりに「風格」もあったでしょうに。
その後、音楽関係の友人と何度かプレーしましたが、「戦略的」でもあり面白いレイアウトが多いものの、北海道の雄大なコースが多い中ではやや窮屈に感じました。
今年の夏はどうしようかなあ-行くべきか、行かざるべきか、ここが思案のしどころぞ。

No title

私の場合はシェイクスピアと言うと、思い出すのは
ゴルフなのです・・(^^;
生まれて初めてのゴルフがクラブ・シェイクスピア
だったのです。
コースごとに名前がついていて18番は「終わりよ
ければ全て良し」でした。
   
プロフィール

ダッファー 

Author:ダッファー 
夢 もう一度St.Andrewsオールドコース17番でパーを取る。
似た役者 中村扇雀 改め坂田藤十郎
夢中対象 ゴルフ 1989(H23) '90(H14)'93(H7)'96(H5) 2004(H8) /写真/花鳥風月 
ホールインワンは3回しか達成していない。生涯計画6回完遂^^。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
天気予報(札幌・石狩地方)
天気予報(全国)

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
最新記事
ブロとも一覧

あわピューing・GOLF

本格コーヒーで燃えるダイエット

CHYARAの徒然日記

シャンクな日々改めシングルへの日々(2006年12月27日)

しんしんの日記

愉快な仲間と楽しいゴルフ&スキー

syoball

ゴルフ大好きです(in静岡)
カテゴリ
ブログ内検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
RSSリンクの表示