FC2ブログ

無事です <平成30年北海道胆振東部地震

2018年9月6日(木)午前3時8分、ドドーン!と突き上げる振動で目覚めると、窓外にパチー、パチー!と青白い閃光が走り、即停電。

さては、電線がショートしたか、トランスから火を噴いたか・・・と。

震度5か。いや6か。

ひとしきり激しい揺れが収まると、通常なら電気が回復するのに、いつまでたっても暗闇のまま。

6年前、入院時のアイテムとして買った携帯ラジオを入れると、北海道胆振地方を震源とするマグニチュード6.8級(後に最大で震度7と報道)の大地震を速報していた。

夜が明けても電気は来ない。

コンビニに電池を求めて行くと(買い置きはあるが例年のように何種類も大量の電池は用意していなかった)、早朝にもかかわらず15台以上車が止まっている。

中は異様な雰囲気だった。

薄暗い店内に、水やパンなどの飲料・食料のコーナーが空になりかけて、電池はわずかに単4が2パックのみ。

そのひとつをわたしが取り上げ、残りのひとつを男性が取り上げた。

長い列の後につく。

すぐ後ろの若い男性の携帯が鳴った。

「もしもし谷藤病院の・・・自家発電・・・・」

日立のエレベーターを保守・点検するのが仕事の彼は、きょうはおそらく徹夜だろうと言う。

ブラック・アウトからの回復には2~3日、ひょっとすると1週間かかるかもしれない、とも。

他のコンビニにも行ってみたが、すでに人々は大勢車でやってきていて、とても追加のバッテリーは買えそうにない。

飲料・食料の棚も空きが目立った。

人々はこれまた異様なほど静かだ、声を荒げる者もなく、通路を蛇行してレジを待っている。


帰宅すると、水はまだ出る。

買い置きの20L入りポリタンクを2個、納戸から引っ張り出し、水道水を満タンに。

さらに、鍋などを動員、飲料水を確保した。

浴槽にも水を張り、トイレなどの用水とする。


ガスは出る。

野菜はあまりないが、米・粉は十分、タンパク源の鮭・白子・ハム・ソーセージ類・鹿肉・豚肉は冷蔵・冷凍してある。

小麦粉は、江別の片岡さんから「はるゆたか」を5kg買ってある。

いざとなれば缶詰もカニ・鯖・サンマ・・・と「豊か」だ。


光源のロウソクは最近補充してある。

携帯のラジオが2台、いずれも単4を2本電源として使える。

スマホはないので情報収集と発信には不便だが、携帯電話が2台、最低の通信は可能だ。

たちどころに携帯が鳴る。

東京のK先生から「どう、だいじょうぶ?」

鹿児島からも安否を尋ねる電話が来た。

メールもある。

バッテリーの消耗を案じて、電話もメールもくれない友人・知人もいる。

こちらから「無事です」とショートメールを送ると、長い返事が来た。


ゴルフの予定が入っているが、代表者に電話が通じない、メールも弾かれる。

遠いところが通じて、近いところが通じないのか、たまたまそうなのか・・・。

コースにも電話が通じない。

ゴルフ場へ向かう途中、事態の深刻さが明らかになり、車を安全なところへ止め、連絡を取ろうとしていると・・・
いとさんから電話が来た-「コースがクローズ、中止」と。

さもありなん。


地震発生の9月6日は、妙に長い一日となった。

電池の消耗を押さえるため、携帯ラジオはイヤホンで聞いていたが、バッテリーを確保したので、音に出してほぼ終日聞いていた。

携帯電話はバッテリーの「長持ち」モードにし、何度も電源を切った。

6日の夕方、苫小牧の一部で「電気が来た」と聞き、復旧は意外と早いかもしれないと淡い期待を抱く。

しかし、夜になっても、夜中になっても、翌朝になっても、電気は来なかった。

震源地近くで起きた山崩れで、多くの犠牲者が出ているようだ。

電気の復旧は徐々に進んでいるとNHKのラジオは言うが、来ない。

新聞が来るか、来ないか、妻と疑問を呈し合った。、

「来るんじゃないか」と言っていたら、果たして朝日新聞が早々に配達された。

紙面もしっかりしている。

さすがは朝日だ、印刷も配達も滞りなく、「社会的使命」を果たしている。


朝9時に農協の野菜を買いに行くと、いつもより少ない数と量ながら新鮮野菜が手に入った。

顔見知りのスズキさんが、満面の笑みを浮かべて、「おはようございます!」

テキパキと臨時に出口近くに設置したレジを打ってくれた。


これから数ヶ月間、放置することになる庭のサラサウツギ、メギ、ヤナギ、イチイ、ムクゲ、ドウダンツツジなどの木を剪定し、草を刈る。

妻は辛口の評論家で、「どうひいき目に見ても植木屋さんとは見栄えが違う。」

この季節にしては気温が高く、蒸していて、汗だく。

大鍋に湯を沸かしてもらい、洗面器に取り分けながら満水のバスタブからの水で埋め、「行水」を楽しむ。

残った湯を鍋に空け塩ひとつまみ加えて、買ってきたブロッコリーを茹でる。

作り置きのバジル・ソースをつけて、新鮮ブロッコリーを味わう。


地震発生前に灯油タンクに灯油を補ってもらうよう頼んであった。

午前中に来るはずだったのが、午後5時以降と連絡があり、待ちぼうけを食いながら待ったが、7時になっても何時になっても来なかった。


2日目のローソク火による晩餐を済ませ、早めに就寝、まるで太古の原始人のように太陽と共に起き、太陽と共に寝る生活のようだ。

オレンジ色が見えた-火事か夕焼けか。

目を覚ますと、トイレに「点灯」状態にしてあった電灯がオレンジに染まっている。

「電気が来た!」

夜の9時半を過ぎていた。


2018.9.8.1:39記す

*今日は奇しくもわたしの誕生日、一週間前シェ・キノに予約をしてあったが、朝の内にオーナー・シェフから電話があり、「まだ電気が来ないのでシェ・キノは店を開けない。カフェ&デリ マチノキなら」ということで、マチノキの方へ行くことにしてある。後者は町村牧場とコラボで野幌駅近くに出した店とのこと。
朝、信号機が作動していたら札幌から甥が姉を伴い車で来て、ささやかな「お祝い」をしてくれることになっている。



**以下は電気が復旧した後に、「平日ゴルフ倶楽部札幌」に投稿した内容です。

「Tragedy」

5日の最後のコメントで、「悲劇よし、喜劇もまたよし、みなさん楽しいラウンドにしましょう👏🙌♪」と書きましたが、その数時間後に未曾有の大地震が起こりました。

被災された方々にお見舞い申し上げます。

9月6日(木)午前3時8分、突然突き上げる振動とともに窓外に青白い閃光が2度走りました。停電。いつもならすぐ復旧するのにいつまでも暗闇のまま。朝になってコンビニで電池を買い求める列に並んでいるとき後ろの人がエレベーター技師で、ブラック・アウトに回復が2~3日かかるかもしれないと教えられました。
そしてその通り、電気のない生活を2日近く送ることになりました。

電源がないためデスクトップのPCは作動せず、インタネットもメールも出来ないままでした。わずかに携帯電話のバッテリー切れを心配しながら東京から鹿児島から安否を尋ねる電話に対応。予定したゴルフの成否も心許ない状態でした。

本日のシェイクスピアに関して、昨夕「中止」を決めてawapyuさんに連絡、その直後「電気が通じたから出来るでしょう」との情報に慌てて「中止を中止」してもらいました。ところが、わたしのところは夜になっても、夜中になっても、朝になっても電気が来ません。
シェイクスピアのコースへ何度電話しても、応答ないかビジーの状態、やむなくいとさんに内部情報を求めました。電話は通じず、Cメールが「蓄積」へ。やがていとさんから刻々と変わる状況説明があり、ついに「オープン」と。
重い気持ちながら、みなさんに「決行」の知らせをしようとした矢先に、いとさんから今度は「クローズ」の報。即awapyuさんに連絡し、掲示をお願いしました-「今日はゴルフ場がクローズです!本日は中止です。」

その後、参加メンバーに連絡を試みたところ、全員に通じ、確認を得ました。
約1時間後、シェイクスピアの支配人から「クローズ」の電話連絡がありました。
いとさんの的確な情報がなければ混乱は避けられないところでした。
いとさん、本当に有り難う!
awapyuさん、早朝にもかかわらずHPに中止の一報を乗せていただき感謝です。
電話が直接かからないメンバーにはメールをしましたが、全員が確認のメールを返してくれました。
混沌とした状況の中、みなさんの沈着かつ迅速な行動に感謝します。

*わたしのところは先ほどやっと電気が通じました。
2018.9.7.23:40


2018.9.8.02:04記





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

シオヤさんへ

Naomi Osakaは一躍時の人になりましたね。
今後年収も億単位で跳ね上がりそう、親たちがわが子を第二・第三のNaomiに仕立て上げようと、テニスブームが再来しそうです。
さらに彼女のキャラクターは一挙にファンを増やしたようで、当意即妙の受け答えも好感抜群、その反面芯の強さも感じさせます。

今日は新千歳カントリークラブでこの夏最後の北海道ゴルフ、そして4連チャン最終日を無事生き延びてきました。
ご一緒したのは、支笏湖畔のホテルマン、元野球のピッチャー、ファーストをやっていただけあって、方向性もよくしかも飛ばして気持ちよくプレーしていました。
5ホール目、ハンディキャップ1番(=このゴルフ場で一番難しい)のホールで、わたしの35ヤードのアプローチが直接カップインのパーしたとき、「あの距離のチップインは初めて」と言って感心してくれました。
プレーを終えてもまだ11時過ぎ、一緒に食事をして、ゆっくり風呂に浸かっても正午を過ぎたばかり、まるでイギリスで7時過ぎにプレーをはじめ、午前中に上がって、仲間と1パイント(約500ml)のビールを飲み交わしたのを思い出させるようでした。

水曜日のゴルフ仲間とは水曜日に今年の別れを告げ、平日ゴルフ札幌倶楽部の仲間とは昨日ゴルフを共にして今期の別れを告げ、今日また初めての出会いと別れをしました。
来年も元気でいればまた北国の仲間たちと会えるのをしみじみと幸せに思います。

野菜を買って帰宅すると、「おや、もう帰ったの?」
彼女の従兄弟に届け物をするためのちほど車を出すことになりました。

明日は、一緒にこの夏の様々な艱難辛苦を溶かして流すため、北村温泉に出かけます。
今度でこの夏5回目は、最近20年の新記録、いつもなら1回からせいぜい3回まででした。出来ればもう1回、当地を発つ前に行こうと話しています。

No title

「なおみ」サンの優勝は 本当に予想もしてなかった快挙!!それに付随して目にした 
コート以外での彼女たちの様々なドレスアップの写真の楽しいこと・・それにしても圭君や彼女を日本で育て上げられない日本のスポーツ界―考えさせられる昨今ですね。
それから地震、直接被害がなかったようで良かったですが 最近データー的に「東・南海地震」が思いのほか近いような報道を見ました。個人的にはどうしようもないことですが、心残りのない身ながら せめてこの世でお出逢いさせていただけた方々に心から 「ありがとう」と伝えておきたいと真剣に思っています。奥様にもお伝えくださいね。


シオヤさんへ

ネィオウミィ(Naomi)さんが優勝してよかったですね。
以前スシが好きだと言っていましたが、ほんとうに好きなんですね。
どこかのテレビ番組で彼女は鮭(Salmon)が好きで、これから食べようとしているスシの写真にはサモンの鮨が13個、マグロが5個写っていました。

明るいキャラクターで世界のテニスファンに好かれる要素充分と見ました。
対戦相手に、"I love you"と言ってインタビューアーから周りのみんなを笑わせたり、対戦後に相手を気遣ったり、肝の据わった二十歳です。

やまさんへ

建物には特に影響はなかったようです。
今日、元の建築会社に勤めていて独立後、屋根の葺き替えを請け負った方が見回りに来ました。
今のところあまり被害の報告はないようですが、応急処置をしてから修理を依頼する案件が出るのではないかとのことでした。

ブラックアウトにはみんな困っていましたし、まだ市民生活が元には戻っていません。
電力が足りないので交通機関も間引き運転ですし、乳製品の製造もままならないようです。
しかし、徐々に落ち着きを取り戻しつつあります。

今日までクローズのゴルフ場もあすから再開です。

No title

地震で、無事のようで、よかったです。
建物などに被害はなくても、
今回は、北海道全体が長時間停電となり、まさかの出来事です。
電気のない生活は、大変ですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

シオヤさんへ

コメントありがとうございます。

ニシコリ選手が苦戦中に電話をしてしまいました。
優勝するためにはどうしても超えなければならないハードルですから、結果は致し方ありませんね。
奥様は、「どうしていつも同じ相手に当たるのだろう?」と言っていますが、勝ち進めば強いもの同士が当たるのは宿命ですもの。

代わりにオオサカがオオサカの地以外で、謂わば世界チャンピオンになったのですからテニス・ファンとしては溜飲を下げたのではありませんか?

わたしは●●川でのロイヤル〇〇〇〇ゴルフ倶楽部はやめてもうかなりの年月になります。
夏は北海道の、石狩川や千歳川近くのいくつかのゴルフ場に出没アドゴルフチック天国の生活を享受しています。

3日連続、4日連続ゴルフをしたりして、「若い」人たちを驚かしては内心にんまりしています。

胆振東部地震発生当日も、その翌日もゴルフの予定は入っていましたが、いずれもプレー直前にゴルフ場が「クローズ」になり、プレーを取りやめています。

通電時の万一の火災に備え、なるべく家に留まりました。

お陰で、草原を想起させるような庭の木を切ったり、草刈正雄をやってたりして、「有意義」な時を過ごしました。

なぜか本は一ページも読めませんでした。

天変地異のときには心静かに読書は出来ないものですね。

2週間前に漬け込みをした蝦夷鹿のコンタン風、あるいは、コンビーフ風が出来たので、スライスして食べてみましたら、美味!

姉と甥に一塊ずつ持たせて良かったと思います。

2人は札幌から「60歳」の誕生日を祝いに来てくれました。



さんたろうさんへ

地震発生直後は携帯もメールも正常に使えませんでした。

メールを送っても弾かれて、結局電話に頼る、その電話も通じないことが多かった。

ラジオが客観的情報を伝えてくれたので、パニックが起こらなかったのだと思います。

2台あったし、電池も最後のパックを手にできて、「余裕」が出来ました。

結局、あの高価なパックは次回の「非常用」としてキープしてあります(^▽^)。

電気がなかなか回復しないので、生活と活動が一時休止状態でした。

人的ネットワークが大いに助けになりました。

昨日は、事前の予約場所から変更した「カフェ」でランチを取りながら「60歳」の誕生日を祝いました。

あの頃は、まだクラブ選手権に出ていましたから、違う世界でゴルフをしてたなあ、とちょっぴり寂しい十回、元へ! ちょっぴり寂しい述懐をしました。

庭の木を切り、草を刈り、行水で汗を流し、体重を落とした一昨日でした。

今日も庭仕事をして、その後温泉へ行く計画を立てていましたが、ようやく「疲れ」が出て、ぐだぐだしています。

なにか、ゴルフをやっているより疲労感が出てきました。

まあ、今日一日を過ごせば、また元気になるでしょう。

被災した人々には申し訳ない「運の良さ」に「有り難い」思いでいます。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

桃香さんへ

お心遣いありがとうございます。

ブラックアウトは、前世紀にもまた2003年にも北米で起きていて、大きな経済損失を招来しましたが、それを防ぐ完全なシステムはまだどこでも出来ていないようです。

北米も、欧州も広域の電力ネットワークが出来ていて、電力が必要時に互いに融通し合う仕組みを作っていますが、それは同時に需給バランスが崩れたときには停電が連鎖する危険性も孕んでいるようです。

ブラックアウトの可能性は日本でも考慮していたはずですが、今回のように一か所が全道の約半分をカバーする集中とまさにその箇所がまずダウンする事態は「想定外」だったようですね。

しかし、可能性の低い事態も想定するのが危機管理ですから、今後はもっとち密な対策を講じておく必要があると思います。

わたしは個人的な身体的備蓄が多くの人より進んでいて、お医者様に言わせれば、「水だけで30日生きられる」そうです。

6月の末に言われました。

「本当ですか?」と念を押したら、「本当です」とのこと。

主に備蓄した脂肪をエネルギー源として、飲料水があれば30日生き延びられるんですって!(🙌🙌🙌)

この機会をつかんで、含水炭素の摂取量を減らし、昨日は午前と午後に庭仕事に取り組んだ結果、今日はここ数か月来の低い体重をマークしました。

いえ、決して水だけで生き延びているわけではありません。

しかーし、誕生日のお祝いとして、たっぷりバターを使ったクッキーが当たりましたし、レストランでソイのポワレをメインとするランチを食べ、町村農場のソフトクリームに舌鼓を打ち、今日だけは自分を甘やかす日としたため、需給バランスは急に悪化したのは明らかです。

月末の検診が怖い。。

No title

ゴルフ当日朝のご連絡ありがとうございました。

北海道全停電のラジオからの情報が入った段階で、どうなるかと思いましたが、・・
「ブラックアウト」 は初めて聞きました。

幸いにして、この自宅一部地域が早めに(9/6 16:30頃)に電気が復旧したので
安堵しました。
ここは電気が復旧すれば水も通常に出ますので、少しは通常の生活に戻れました。

目の前の道路隔てた北側(石狩方面)、線路隔てた向こう側(手稲山方面)は真っ暗で、
何故ここらだけ電気が復旧したのだろうと?思った次第です。
(良く分かりませんが、どうも、特殊が関係があるようで、・・

9/6は停電の為、加入電話も、携帯もアクセスが良くなく圏外状態でした。
ネットで9/7確認したら、石狩も停電状態でした。(多分ゴルフ場も停電状態?)

そうだ、私の日記スケジュールにダッファーさんの誕生日の印がありました。
60歳のお誕生日おめでとうございます。 wow

お見舞い申し上げます

ご無事で何よりです。家の方も大丈夫だったようですね。一安心しました。

台風に続いての地震。本当に自然災害はいつどこで起こるか分かりません。

あんなに山が崩れているのを見るのは初めてです。亡くなられた方もいらっしゃって大変な災害でしたね。

今回の地震では「ブラックアウト」という現象で全道停電になってしまったようですが、北電も予想外だったようですね。

今回のことを教訓にどこの電力会社も対策を練ってほしいものです。

それにしても2日間の停電生活、お疲れさまでした。

ライフラインは何が止まっても困りますが、電気は大きいですよね。現代のようにすべて電力頼みの生活では本当に不自由でしょうね。

冷蔵庫、洗濯機、テレビ、灯火、エレベーター、マンションの水、ATM等々。

これが1週間ともなると大変です。

ダッファーさんのところでは、食料の備蓄などがあって流石だなと思いましたが、情報が入って来にくいのが難点ですね。

ゴルフ場の情報が入って来ないので苦労されたようですが、無事みなさんに連絡がついたようでなによりです。

ゴルフ場といえば、阪神大震災の折にはゴルフ場のお風呂が解放されたとか。我が家は電気はすぐにつきましたが、水とガスが止まってしまったので、洗濯とお風呂は困りました。

地震が起こってすぐにお風呂に水を溜めましたが、しばらくはトイレの水に利用できました。そのあとは・・・近くの学校のプールまで水を汲みにいっていました。

一番怖かったのは火事ですね。電気が復旧して火事が起こったというケースがとても多かったです。今回もそれを心配しましたが、今のところないようでみなさん気を付けていらっしゃるのかなぁと思います。

来週はまたゴルフですか。

フェリーも混雑しているようなので、気を付けてお帰りください。

PS お誕生日おめでとうございます。お姉さんも甥御さんもご一緒に楽しめるといいですね。
   
プロフィール

ダッファー 

Author:ダッファー 
夢 もう一度St.Andrewsオールドコース17番でパーを取る。
似た役者 中村扇雀 改め坂田藤十郎
夢中対象 ゴルフ 1989(H23) '90(H14)'93(H7)'96(H5) 2004(H8) 2007(H7) 2018(H9) /写真/花鳥風月 
ホールインワンは3回しか達成していない。生涯計画6回完遂^^。

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
天気予報(札幌・石狩地方)
天気予報(全国)

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
最新記事
ブロとも一覧

あわピューing・GOLF

CHYARAの徒然日記

桃香の写真俳句ブログ

シャンクな日々改めシングルへの日々(2006年12月27日)

しんしんの日記

愉快な仲間と楽しいゴルフ&スキー

syoball

ゴルフ大好きです(in静岡)
カテゴリ
ブログ内検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
RSSリンクの表示