FC2ブログ

新千歳カントリークラブはまなす【2018北海道ゴルフ三昧シリーズ-12】

 東京からゴルフ仲間のよっしーさんを迎え、2018年8月10日(金)、新千歳カントリークラブ【はまなすコース】 を使って「2018北海道ゴルフ三昧シリーズ」の第12ラウンドを楽しんだ。

よっしーさんは、3日間の「北海道ゴルフツアー」を組んでいて、今日がその初日。

彼は、早朝羽田を発ち一路新千歳空港へ、空港でレンタカーを借り、新千歳カントリーへ着いたのが11時ころだった。

フロントで予約内容を確かめると、ホームページには明示してなかった優遇措置で「食事つき」とのことだった。

今年、このゴルフ場の「平日年次会員」となったので、会員とその同伴者へのサービスのようだ。

慌てて、同伴のウルさんとケンチさんに連絡を入れる。





CIMG5783 600x 20180810 新千歳CC 雨
2018.8.10. 新千歳カントリークラブ
雨雲が低く垂れ込め空気が重い

千歳地方は朝から雨模様で、昼になっても雨脚が繁くなるばかり。

スタート前のパッティングの練習もそこそこに切り上げて、ティーへ向かった。

よっしーさんに、「こちらではよくオリンピックをやってるんです。ご存じですか?」と聞くと、知っているしやってもよいとのこと。

ウルさんとけんちさんに伝えると、ウルさんは本年度対ダッファー貿易収支が大幅黒字の実績を誇っている関係上密かに「OK」の面持ち。

ところが、けんちさんは「やらない。」

なんでも直近のラウンドで大叩きの憂き目を見たらしく、いかに低い限度額を設定してあっても、負け戦はしたくない風情だ。

「じゃ、止めましょ」でちょん。


【ハマナス・コース】
【OUT】
1H Par4
雨に煙る中をティーショット。
それぞれに良いショットとはいえない。
わたしとよっしーさん、ウルさんは3打でグリーンに乗せ、2パットのボギーとする。
けんちさんは本人の予感通り?ショットが乱れて、4打で乗せ、2パットのダブル・ボギーとする。

2H Par5
右ドッグレッグのパー5。
手前の谷と左側がOB、右へ打ち出すと雨を含んだラフにつかまる。
ドライバーショットが振り遅れて右へ出がちなので、左を狙ったら・・・・
左に行きすぎて、やっと谷を越えたOB近くの傾斜に球がしがみついていた。
7Wでちょんと出し、それから雨水をたっぷり含んだラフを渡り歩き、グリーンにたどり着いたときすでに5打を要していた。
2パットのダブル・ボギー。

よっしーさんとウルさんは、距離も方向も申し分なく、パーオンして2パットのパー。
けんちさんはわたしと同じダブル・ボギーとする。

3H Par4
打ち下ろし、左は法面、右がOB。グリーン前に3つバンカーが口を開けている。
ドライバー・ショットはよく打てたが、次打をグリーン前中央のバンカーに入れる。
S/Wで出すと、以外にもよく転がり、向こうのグリーン・エッジへ。
寄せて1パットのボギー。

よっしーさんもボギー。
ウルさんはやや低い弾道で良く飛ばし、パーオンして難なくパー。
けんちさんはドライバー・ショットを左の山へ打っていったが、そのラフから見事にグリーンをとらえ、2パットのパー\(^O^)/

4H Par3
池越えのパー3。
ティーショットでお三方がグリーンをとらえる。
わたしはグリーン右に外す。
寄せきらず、2オン2パットのボギー。

よっしーさんが3パットしてボギー。
ウルさんとけんちさんが揃ってパー。

5H Par4
401ヤードとやや長いパー4。
わたしは4オン1パットのボギー。

よっしーさんは3オン2パットでボギー。
ウルさんも3オン2パットでボギー。
けんちさんは4オン2パットでダブル・ボギーとする。





CIMG5791 600x 20180810 新千歳CC よっしーさん
2018.8.10. 新千歳カントリークラブ
水しぶきを上げながらラフに打ち込むよっしーさん





6H Par5
1打目の落下地点、フェアウェー左に池があり、右はくびれてOBとなっている。
3打目が打ち上げとなり、グリーンのアンジュレ-ションが複雑なパー5。
わたしはジグザグに4打で乗り、2パットのボギー。

ウルさんが長打と正確なアイアンショットでパーオンし、2パットのパー。
よっしーさんはわたしと同様ボギー。
けんちさんは右へ打ち出しOBとしたのが祟って9打とする。

7H Par4
右ドッグレッグ、右に林、ショートカットして飛びすぎると池があるパー4。
ドライバー・ショットはこれ以上望めないほど好位置へ。
残りピンまで120ヤード弱のやや打ち上げ。
横長のグリーンの左にピンが立っている。
7Iでピン右3ヤードを狙うと、ドローしてグリーンをヒット、1.5ヤード強のバーディー・チャンスに付いた。
右から左へ落ちるライン、カップの上30センチに距離を合わせてパーとするか、ややラインを消してバーディーを狙うか。
後者を選んで入れに行くと・・・カップの上をかすめて左へ落ち、1ヤード以上転がった。
返しを右に外して、ボギー(;。;)。

このホールでは、いろいろドラマが起きた。
前のホールで9を叩いたけんちさんが、2オンして長いパッティング・ラインをコーンと強く打つと・・・カラン♪とバーディー\(^O^)/
それまで安定したショットをしていたウルさんが乱れて5オン2パットのトリプル・ボギー。
よっしーさんは、3オンしたもののグリーンのアンジュレ-ションに躓き、ダブル・ボギーとした。

8H Par3
やや距離のあるパー3。
ティーボールはグリーンに届かず、雨を含んだラフからのアプローチは寄らず、2パットのボギー。

よっしーさんも同じようなところから、同じように寄らず、2パットのボギー。
ウルさんは、前ホールのショックを引きずってか、3オン1パットのボギー。
けんちさんは、前ホールの「思わずバーディー」に動転したか、4オン2パットのトリプル・ボギーだった。

9H Par4
左法面、右OBが続くパー4。
わたしは尺取り虫で3オン2パットのボギー。

よっしーさんは2打でグリーン近くまで行き、寄せてパー。
ウルさんは寄せきらず、ボギー。
けんちさんは右のOBに泣き、トリプル・ボギーとした。

前半は46。
よっしーさんとウルさんはそれより3打良く、けんちさんは不満足な成り行きだった。




CIMG5793 600x 20180810 新千歳CC ウルさん
2018.8.10. 新千歳カントリークラブ
「球が去年より飛んでいる」ウルさん






【IN】
10H Par4
打ち下ろしの左が法面、右が谷のパー4。
思い切り良くドライバーを振ると、距離も出てフェアウェーをキープした。
残り140ヤードを7Wを短く持ってコンパクトに振り、2オン成功。
2パットのパー。

ウルさんがやや左からアイアンでグリーンをとらえ、1パットはバーディー\(^O^)/
よっしーさんは3オンして3パットを叩き、ダブル・ボギー。
けんちさんは4オンして2パットのボギー。

11H Par3
156ヤード、右にバンカー群があるパー3。
雨で空気が重い。
5Wを振り切ると、真っ直ぐピン向かって飛び、ピンハイ1.5ヤードのわずかに下りのラインに付いた。
アウトの7番と同じようなシチュエーションだ。
打ち過ぎないように、「ちょうど」の強さでカップを狙ったが、球2個分ショートしてパー。

よっしーさんは2オンして1パットのパー。
ウルさんは2オンして3パットのダブル・ボギー。
けんちさんは1オンして3パットのボギーだった。
雨が降って、グリーンが重くなるところとそうでないところが出てきている。

12H Par4
打ち下ろし、打ち上げのフェアウェーが馬の背のようになったパー4。
右へ打てばカート道からさらに低い右のラフへ落ちて行き、左へ打てば窪みとトラブルが待っているホールハンデ2のホール。
ティー・ショットを少し右へ出すと、はたして右の雨を含んだラフへ。
2打目はフェアウェーへ。
ピンはグリーン奥に立っている。
P/Sで70ヤード打つと、ピンに寄ってくれた。
慎重にパットを決めて、パー♪
これで3連続パーだ。

13H Par4
ホールハンデ2の長いパー4。
3打でグリーンをとらえられず、4打でピンに寄せ、1パットのボギー。

ウルさんが長打力を生かして2オンし2パットのパー。
よっしーさんは4オン2パットのダブル・ボギー。
けんちさんは苦労して5オン2パットのトリプル・ボギーだった。

14H Par5
打ち下ろし右ドッグレッグのパー5。
3打でグリーンをとらえられず、4オン2パットのボギー。

よっしーさんとウルさんは定石通り進んでパー。
けんちさんはボギーとする。

15H Par3
1オンしたものの3パットしてボギー。

ウルさんは1オン2パットのパー。
よっしーさんとけんちさんはダブル・ボギーとする。

16H Par4
フェアウェー左に池があり、2打目を打ち上げるパー4。
3打目をグリーン左前のバンカーに入れ、4オン2パットのダブル・ボギー。

よっしーさんが3オン1パットのパー。
ウルさんとけんちさんはボギーとする。

17H Par5
打ち上げの左ドッグレッグ、3打目地点は窪んでいて、打ち上げていくパー5。
尺取り虫打法で進むも4オンならず、5打で乗せ、1パットのボギー。

よっしーさんがきっちりパーオンしてパーとする。

18H Par4
打ち下ろし、打ち上げのパー4。
3打でグリーンをとらえるも、3パットしてダブル・ボギーとする。

ウルさんが3オン1パットのパー。
よっしーさんがダブル・ボギー。
けんちさんはボギーだった。

後半は44。
46+44=90

どうにも90(苦渋)のゴルフが続きそうだ。

よっしーさん、ウルさん、けんちさん、雨の中をお付き合いいただきありがとうございました。





CIMG5789 600x 20180810 新千歳CC けんちゃん
2018.8.10. 新千歳カントリークラブ
フルショットが身上のけんちさん







新千歳カントリークラブ【2018北海道ゴルフ三昧シリーズ-12】 
2018年 8月10日(金) 【ハマナスコース】雨、ときどき曇り 
 
Out-In コース  Fri. Aug. 10, 2018. Cloudy with intermittent rain
Regular Tee  Pin position: 

【Out】  

Hole 1   2   3   4   5   6   7   8   9  TTL
Par  4 5 4 3 4 5 4 3 4 36 
Score 5 7 5 4 5 6 5 4 5 46 


【In】  
Hole10 1112131415161718TTL
Par  4 3   4   4   5   3   4   5  4   36 
Score 4 3 4 5 6 4 6 6 6 44 90


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

やまさんへ

雨が降るとぐっちゃりです。
昨日は、雨上がりのシェイクスピアでプレーしましたが、どころどころでぐっちゃり。
2度も傾斜のところでツツ―っと滑りました。
最初の時は右足が60センチくらい滑って、ほとんど尻もちを搗きそうだったのですが、脚を折ってバランスを取り無事でした。
2度目のときは立ったままやっぱり60センチほど「滑降」し、恰好悪かった😃。

10日は後半に3連続パーと来て、ようしと思ったのですが、気合と技量がかみ合いませんでした。
昨日も、前回バーディーだったホールで、ようしと思ったらミスショット・・・トリプルでした。
やはりかみ合いません(´;ω;`)。


No title

なんか、最初の写真が暗く見えたので、
雨だったのですね!
北海道のゴルフ場は、洋芝のようだから、
雨が降ると、すごくグッチャリしていそうです。
前半は、一つ除いてオールボギーと落ち着いていますが、
後半になって、3連続パーはお見事です。

桃香さんへ

校正チェックありがとうございます。

これからはあわせて構成チェックと更生チェックもお願いしたいほどです。

飛行機で飛んできて、ゴルフをしてまた飛んで帰るパターンは実は未経験です。

スコットランドとアイルランドでは、観光+史跡巡り+文学者の足跡探査+知人訪問+Distillery訪問+ゴルフを兼ねて、現地調達のホンダ・アコードをドライブしながら旅をしました。

北海道クラシックはふかふかのベント芝が敷き詰めてあって、景観もよく独特の雰囲気を持っていますね。

ただ、最近はやたらと高くなって、これじゃあ行く気がしない、とゴルフ三昧コースからは除名としてあります。

以前はゴルフさえできれば、輪厚だろうが島松だろうが、クラシックだろうがモダンだろうが(あ、これはなかった)、どこへでも「飛んで」行ったものです。

この頃は、「安さ」が第一、今日も月末にとあるコースに誘われましたが、それに参加すると、「月・火・水・木・金の5連チャンになるので、妻に叱られる」とお断りしました。

そうでなくても、「歳を考えなさい」「そろそろ疲れが溜まってる頃よ」と釘を刺されています。

「ウィンザーグレートピークオブトーヤ」は、ウィンザー・ホテルにあるコースですね。

ご明察、プレーしたことはありません。

ウィンザー・ホテルで食事を楽しむために行ったことはありますが、隣接するコースを眺めてみて、ずいぶん起伏に富んだ?コースだな、と感じました。

北海道の川奈かな?🙌

来年はぜひご一緒しましょう。


北海道ゴルフ

雨のゴルフお疲れさまでした。
校正の結果、間違いはありませんでした。

レンタカーを使うと北海道ゴルフも楽ですね。
初日、午後からラウンド。翌日1~1.5ラウンドして、最後の日に午前中ラウンドして夕方の飛行機で帰れますもんね。

わたしたちは最後の日に温泉で1泊して帰ることにしています。移動はタクシーですが。

もう20年近く北海道で夏ゴルフをしていますので、有名なところはほとんど行っています。一番多いのは北海道クラシックと恵庭でしょうか。

2サムで行けないところが2か所。小樽カントリーと札幌GC輪厚コースです。ここにはまだ行けていませんね。

一時期よくラウンドしていたのが、「ウィンザーグレートピークオブトーヤ」山の上にあるので打ち上げ・打ち下ろしだし、霧がすぐ立ち込めて視界不良になるコースです。

多分ダッファーさんもお友達もラウンドされたことのないコースだと思います。というよりラウンドしたくないコースかな?

来年は是非とも北海道ゴルフ行きたいです。

   
プロフィール

ダッファー 

Author:ダッファー 
夢 もう一度St.Andrewsオールドコース17番でパーを取る。
似た役者 中村扇雀 改め坂田藤十郎
夢中対象 ゴルフ 1989(H23) '90(H14)'93(H7)'96(H5) 2004(H8) 2007(H7) 2018(H9) /写真/花鳥風月 
ホールインワンは3回しか達成していない。生涯計画6回完遂^^。

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
天気予報(札幌・石狩地方)
天気予報(全国)

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
最新記事
ブロとも一覧

あわピューing・GOLF

CHYARAの徒然日記

桃香の写真俳句ブログ

シャンクな日々改めシングルへの日々(2006年12月27日)

しんしんの日記

愉快な仲間と楽しいゴルフ&スキー

syoball

ゴルフ大好きです(in静岡)
カテゴリ
ブログ内検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
RSSリンクの表示