FC2ブログ

グレート札幌カントリー倶楽部【2018北海道ゴルフ三昧シリーズ-10】

 4日連続プレーの最終日は、8月2日(木)、グレート札幌カントリー倶楽部でのラウンドとなった。

昨年にくらべてスローペースで進んだ北海道ゴルフ三昧シリーズだが、この日で昨年より5日早く10回を数える。

今日も晴れ渡って暑く、エゾゼミがギギギギーっと鳴いている。

前日は体の疲れからか、クラブを振り遅れて右へ右へ出してしまった。

今日は振り遅れないように、慎重にスタートをしよう・・・と心に決めたのだが・・・




CIMG5765 600x 20180802 グレート札幌カントリー倶楽部
2018.8.2. グレート札幌カントリー倶楽部
筋雲がかかる すでに秋の気配か

【イン】
10H Par4
第1打は、大きく右に飛び出し、もうこれ以上行くとOB圏という手前のバンカーに「助けられた。」

やはり疲れているのだろう。

7Wでダフりながらバンカーを脱出し、ラフからグリーンを狙うも芝の抵抗が強く、グリーン手前へ。

S/Wでピン下に付け、1パットのボギーでしのぐ。

10H Par4
ホールハンデ2の左ドッグレッグして、2打目は打ち上げの長いパー4。

狙い目は左の山裾だが、ここでも振り遅れて球は右に飛び出す。

フェアウェー右のセミラフからのショットはまたも芝に食われて力なくコースの窪みの中へ。

そこから7Wで打ち上げると、グリーンに乗って行ったように見えたが、実際には奥へ転がり出てセミラフへ。

4打でグリーンに戻し、2パットはダブル・ボギー。

同伴のケンさんが、グリーン手前30ヤードから3打目を打つと、トン・コロコロと転がり、カップへカラ~ン♪

ナイス・バーディーだった。

ここでバーディーはすごい(^▽^)。



CIMG5766 600x 20180802 グレート札幌 北さん 北川博敏さん
キタさんは長身を生かしてビッグドライブを放つがショートゲームも光るものがある
12番ロングと13番ショートで連続バーディー



12H Par5
右ドッグレッグの打ち下ろしが続くパー5。

右へ打ち出さないように、タイミングを遅らせてなんとか球をとらえられた。

2打目は3Wでフェアウェーをキープ。

3打目をグリーン手前20ヤードに運び、2段グリーンの上段に立っているピンを狙ったが、段の下にショート。

2パットのボギーとする。

3オンに成功していたキタさんが、下からのちょっと右に切れるラインを放り込んで、バーディー♪

やるぅ(^▽^)。

13H Par3
打ち下ろしのパー3。

ピンより右上に1オン、2パットの初パー(^▽^)。

キタさんが、乗ってきてビシッとピン下1ヤード半に付け、連続バーディーを決めた\(^O^)/

14H Par4
右ドッグレッグの右にバンカーのあるパー4。

「何度あのバンカーに捕まったことがあろうか・・・」と漏らしながら、バンカーの左を狙って放ったドライバー・ショットは・・・
バンカーにつかまった、ようでもあったが、「出た」とキタさん。

バンカーを出たところのラフに球はあった。

次打をやはり打ちきれずに、3打目もショート、どうもクラブが振れていない。

グリーン手前からS/Wでピンに寄せ、1パットのボギー。

15H Par4
ほぼストレート、右が法面、左がOBのレイアウト。

右の山裾から2ヤードほどのところを狙って打つと、これが意図通り、真っ直ぐ飛んでくれた。

7Wで150ヤードを2オンに成功、2パットのパー。

なんだ、やれば出来るじゃないか。

16H Par5
2打目から左ドッグレッグするパー5。

ドライバー・ショットも3Wもそこそこに打てて、3打目をグリーン手前に運び、4打で寄せて1パットのパー。

なんだ、やれば出来るじゃないか。

17H Par3
打ち下ろしのパー3。

ティーボールをグリーン手前のバンカーへ入れ、バンカーショットは出しただけ(;。;)。

3オンして2パットはダブル・ボギー(;。;)

ケンさんがナイスショットをしてピンに付け、1パットのバーディーは本日2個目\(^O^)/

18H Par4
前半最後のホールは、打ち下ろして2打目は打ち上げのパー4。

フェアウェーのバンカー群を避けてグリーンを狙う第3打は、行ってみると奥にこぼれている。

4打で寄せて1パットのボギーとした。

最初は球が右へ行き、ショットもパットもショートすることが多かった。

前半は44。




CIMG5768 600x ケン(横地定憲)さん
ケンさんは堅実がトレード・マーク
11番長いミドルでは外からバーディー、17番ショートではべたピンに付けバーディー




【OUT】
1H Par5
ドライバー・ショットは右へ出さないようにそっと打つ。

3Wでフェアウェーをキープ。

3打で乗らず、4打で乗せるも寄せきらず、2パットのボギー。

2H Par4
2打目は打ち下ろしのパー4。

ドライバー・ショットはまずまず、次打をグリーン手前に運び、アプローチを寄せきれず2パットのボギー。

3H Par4
右に法面があるパー4。

2打目を伸び上がってミス、3打目のアプローチをショートして、まだ思い通りの距離が打てない。

4打で寄せるも、短いパットを外して2パットのダブル・ボギー。

4H Par3
打ち下ろしのパー3。

ティーショットはグリーン右手前へショート。

寄せがまたもピンまで打てずショートして、2パットのボギー。

5H Par4
1打目はやや打ち下ろし、それから平坦なパー4。

ドライバーショットはそこそこ、2打で距離を稼ぐ。

3打目のアプローチがやっぱり寄らない。

2パットのボギー。

6H Par4
1打目が打ち下ろしの右ドッグレッグし、2打目もやや左足下がりの打ち下ろしの距離あるパー4。

ホールハンデが1なのは、右が林でOB、ドッグレッグの正面を突き抜けるとこれまた林のOBがあり、レギュラー・ティーからでも447ヤードと距離があるから。

1打、2打をうまく打って、残り60ヤードほどのアプローチをピンの上につけてしまった。

パーパットのタッチが強く、1ヤード下へ。

返しを外して、3パットのダブル・ボギー(;。;)。

7H Par3
見えないところで連チャンの疲れが出ているようだ。

ショットばかりでなく、パッティングの感覚が狂っていて距離が合わない。

せっかく1オンしても、ここでも3パットはボギーとしたのだった。




CIMG5771 600x 20180802 グレート札幌カントリー倶楽部 5H Par4
2018.8.2. グレート札幌カントリー倶楽部 5H Par4






8H Par4
右ドッグレッグのパー4。

ティーショットは正面の松の木狙い。

すると、枝に当たって数ヤード先のセミラフへ。

5Wでグリーン手前20ヤードまで運ぶ。

アプローチがほとんどショートしているので、グリーンまで行き、ピン位置を確かめ、球までの距離を歩測する。

球のライ、打ち上げの程度、風、すばやくチェックしてややS/Wのフェースを開き、思い切って35ヤードを打つ。

球はピンの根元に落ち、30センチに付く。

1パットのパー(^▽^)。

なんだ、やればできるじゃないか。

9H Par5
泣いても笑っても4連チャンゴルフの最終ホールだ。

思い切って叩いてみよう。

ドライバー・ショットを思い切り振った、つもりだったが、球は右へ出て法面へ。

ここは左にOBが続いているが、右は広くなっていてその意味では安全なのだ。

安全を見越して、思い切り振るとやっぱり右へ行く。

セミラフからのちょっと無理を承知のショットは、芝に食われて力なくフェアウェーを横切るディッチ(水はない)へ。

7Wでフェアウェーに出し、アプローチは寄らず、5オン2パットの7はダブル・ボギーで全日程を終了した(;。;)。

後半は47を叩き、トータルは44+47=91 やっぱり悔い(91)の残るラウンドとなった。

(と口では言っても、ま最近はそんなスコアが続いているのだから、球威(91)がなくても仕方がないか、と半ば諦めているのが真相です。だけどねぇ・・・・)





【2018北海道ゴルフ三昧シリーズ-10】
グレート札幌カントリー倶楽部
2018年8月2日(木) 
  
IN-OUT Course  Thur.  Aug. 2, 2018.  Fine. Hot.   
Regular Tee    Pin Position:


In コース

Hole10 1112131415161718TTL
Par  4 4   5   3   4   4   5   3   4   36 
Score 5 6 6 3 5 4 5 5 5 44 



Out コース
Hole 1   2   3   4   5   6   7   8   9  TTL
Par  5 4 4 3 4 4 3 4 5 36 72
Score 6 5 6 4 5 6 4 4 7 47 91




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

やまさんへ

まあ若いころならどうということはないでしょうが、年齢が高くなった今4連チャンを言ったら、ゴルフ仲間に常軌を逸している、馬鹿か、という目つきで見られます。

でもやっちゃいました。

日頃身体に負荷を掛けなくなっていますから、トレーニングのつもりでやってみました。

最後はへたってきましたが、5連チャンも不可能ではない、と実感しました。

桃香さんへ

きびしくチェックしていただき恐縮至極、誤りを指摘していただき恐悦至極、今後は第一級の校正者としてお願いします。

アウトはプレーが雑になり、8番は貴重なパーでした。

「やればできるじゃない」はミスのおおい最近のプレーで、ひょっこり上手くできたときのあたかも他人に発する自虐嘲笑的・自我自賛的・上等的常套句です。

これからもしばらくは合いの手として言うことになります。

アプローチとパッティングに関しては、昔は練習の大半を費やして体に叩きこみました。

しばらくは練習をしなくても不思議とあたりを見回すだけでぴったりのプレーが出来ましたが、やがて意図と結果の乖離が激しくなり、フルショット以上に違和感をもつようになりました。

このところラウンドの回数も徐々に増し、ラウンド前後にアプローチの練習ができるときはするようにしています。

ただ、4連チャンのようなときには、北海道の強い紫外線に美肌がダメージを受けているため、日陰を選んでちょこちょこっとやったり、練習を断念することもしばしばありました。

桃香さんがスコアを取り戻す試みをするとすれば、第一にパッティングの練習、第二にアプローチの練習、そして最後に大きなクラブでのフルショットの練習をするのが良いと思います。

パッティングもアプローチも地味なプレーですが、スコアメイキングには欠かせない技術です。

>次週は連荘ではないですよね。

慧眼!!

No title

お疲れ様です。
4連荘でも、
しっかりボギーペースの91はすごい!

4連荘

4連荘ゴルフお疲れさまでした。
ドライバーショットが右に出るのは、やはりお疲れのせいでしょうね。

「やればできるじゃない」には笑ってしまいました。15,16Hのパーはお見事ですね。
ところで、8Hのパーがスコア表ではボギーとなってますよ。

8Hもそうですが、アプローチがとてもお上手なんですね。いつもラウンド後にアプローチの練習をされているようですが、一番大事なショットですよね。

わたしも飛ばなくなった分、アプローチでなんとかカバーできるでしょうか。
昨日は久しぶりに打ちっぱなしに行きましたが、ラウンドできる状態ではないですね。ミスショットの連続でした。
普段の運動不足が影響しています。

次週は連荘ではないですよね。お体に気を付けてお過ごしください。
   
プロフィール

ダッファー 

Author:ダッファー 
夢 もう一度St.Andrewsオールドコース17番でパーを取る。
似た役者 中村扇雀 改め坂田藤十郎
夢中対象 ゴルフ 1989(H23) '90(H14)'93(H7)'96(H5) 2004(H8) 2007(H7) 2018(H9) /写真/花鳥風月 
ホールインワンは3回しか達成していない。生涯計画6回完遂^^。

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
天気予報(札幌・石狩地方)
天気予報(全国)

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
最新記事
ブロとも一覧

あわピューing・GOLF

CHYARAの徒然日記

桃香の写真俳句ブログ

シャンクな日々改めシングルへの日々(2006年12月27日)

しんしんの日記

愉快な仲間と楽しいゴルフ&スキー

syoball

ゴルフ大好きです(in静岡)
カテゴリ
ブログ内検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
RSSリンクの表示