【北海道シリーズ】第9ラウンド 札幌すずらんCC

【北海道シリーズ】第9ラウンド 札幌すずらんCC

前夜まではかなりの雨が降って、明けた7月28日(月)、札幌の南、藻岩山から定山渓の方にある「札幌すずらんカントリークラブ」でラウンドをした。

北海道へ来てから「完全セルフデー」を何度か経験したが、その完全セルフデーだった。
ゴルフバッグを自ら運んでカートに積み、セルフプレーをした後は、風呂もシャワーもなく、レストランで食事をすることもなく、料金を払って帰宅する。

グレート札幌CCや大札幌CCでは、先に料金を払って、後は自らバッグを積み、ラウンドして、風呂もシャワーもなく、帰宅する。

前回プレーしたカイトアンドフォックスでは、料金を先払いした後同じだが、500円以内の食事がセットになっていて、それ以上値の張る品は500円との差額を払い、飲み物はセルフでドリンク・バーの形になっていた。

いずれも料金は低額に設定してあって、札幌近郊であっても、税抜きで3000円台だから、東京の田舎から来たゴルフ好きには天国に思える。

1時間半前にコースに着いて、手続きをし、日焼け止めを塗って目の保護のため偏光サングラスを掛ける。

素振りをしたら、左手首が痛かったので、打球練習は取り止めた。

腰も重いが、なんとかラウンドは出来るだろう。

何らかの意図を持っているらしいイトさんが早々に打球練習をしている。

ナン度かお会いしたナモさんに続いて、腹の張り出しはわたしに引けを取らないハラさんとフクよかな笑みが魅力のフクちゃんも乗り付けた。

awapyuさんとモモさんと仲良く登場した。



20140728 札幌すずらんCC
夜まで降っていた雨も上がり 絶好のゴルフ日和
札幌すずらんカントリークラブ 練習グリーン



20140728 札幌すずらんCC
練習グリーンでチェックに余念がない



20140728 札幌すずらんCC
まるで試合前のような真剣さ




組み合わせは、3組のトップスタートで、同伴はキノさん、awapyuさん、モモさんだった。

北海道の美味しいジャガイモ「男爵」と近代オリンピックの父クーベルタン男爵に敬意を表して、オリンピック・ゲームの可否を伺ったら、採用になった。

ところが、アウトの1番ホール、右の法面に打った球は斜面を転がって落ちてきたので、おおよその見当を付けて行ってみたが、球がない。

先日使って大変感触が良かったTourstageX-01zは、ブリヂストンでも最大級のスピンボール、一個だけ手元にあったのをもう一度使ってみようとした矢先のことだった。

大札幌でプレーした際、8番アイアンで打った球がバックスピンで2メートル近く後戻りしていた。

そんな経験は今までなかったので、不思議のあまり、ブリヂストンのホームページで調べたら、スピン系の球として画期的なことが分かったのだった。

通常正式なラウンドではTitleist ProV1かTitleist ProV1xを長年使っているが、Tourstage X-01zも悪くない、と感じていた。

しかし、見つからないものは仕方がない、紛失球の処置を取らざるを得なかった。

(この球は後半の16番で、後続のイトさんから手渡された-探した場所の後方にあったのを拾ってきてくれたのだった。)


球を失ったショックで平常心をもどこかに失い、オリンピックはさんざんだった。

キノさんが、素晴らしいプレーをし、パーを続けながらもポイントを稼ぐ。

awapyuさんも目を輝かせて、いや目を光らせて、光り物を狙い、キノさんを追う。

モモさんも負けてはいない。

5ホール終わって、わたしは0ポイント、キノさん5ポイント、awapyuさん5ポイント、そしてモモさん1ポイントだった。

8ホール目は、打ち下ろしの142ヤード、パー3。

ここで歴史は動いた。

全員グリーンを外して、それぞれがアプローチに腐心しているのを、グリーン奥のカラーからとっくり眺めていたモモさんが、長~い寄せを止せば良いのに寄せに止めず、そのままカップに沈めてしまった。

ダイヤモンド&バーディー!♪★※

トータルポイントを一挙に6ポイントに伸ばし、もう負けはない。

前半終了時には、ダッファー1、キノさん5、awapyuさん5、モモさん6ポイントで相変わらずどん尻だった。

後半には、一攫千金を狙わず、地道にこつこつと鉄くず拾いに徹しよう。

11番で1ポイント、13番で1ポイントを稼ぎ、ようやく少し面白くなってきた。

17番では、右のOBゾーンを避けて左へ打ち出し、そこからは正面に見えるグリーン前の池を右に避け、アプローチはピンまで23ヤードと目測した。

球は芝と芝の間のベアグラウンドに近い地面にある。

スピンで止まりそうにないので、20ヤード打って、2~3ヤード転がってピンによるイメージで打つと・・・イメージしたままにピンに寄っていく・・・「入れ!」

運命は非情-球はカップの直前で止まってしまった。

ダイヤモンドに目が眩んだが、結果は鉄、なんだか立ち眩みがした。

最終ホールに望みを託すも、アプローチの球はピンの左へと流れる。

グリーンに行ってみると、傾斜がそうなっているのだった。

が、awapyuさんとモモさんは、計画的かどうか判然としないが、遠くからはグリーンに乗せようとせず、近くへ来てから寄せを敢行。

3打目をグリーン左のエッジに置いていたキノさんが、パターで鉄必至に寄せる。

図らずして金のチャンス、そして最後のチャンス、三年ぶりに真剣に打ったパットは、ツツツと進み、少し左に切れながら、カップの縁をかすめてしまった。

しまった。

万事休す、煎茶も急須。

キノさんが、含み笑いを押さえながらトドメの鉄を入れ、オリンピックは幕を下ろした。

プレー終了後は、awapyuさんのところで恒例(となっているのかな)の焼き肉パーティーを楽しんだ。

総合ポイントは、わたしが4点、キノさんが7点、awapyuさんも7点、モモさんが6点だった。

オオカミとハゲタカとハイエナに貢ぎ物をした。

キノさんに4百万両、awapyuさんにも4百万両、モモさんに3百万両を献上し、哀調を帯びた声で「また遊んでやって下さい。」

後で、百万両ずつ多く渡したことに気付いたが、ひとたび渡したものの返還を求めるのは正義に悖ると、黙して捲土重来を誓うのだった。

ああ、ぐや゛ぢい゛。

こんど必ず仕返ししてやる。




20140728 札幌すずらんCC
16番ティーからグリーンと札幌の市街を望む
右に札幌ドームが見える

   
プロフィール

ダッファー 

Author:ダッファー 
夢 もう一度St.Andrewsオールドコース17番でパーを取る。
似た役者 中村扇雀 改め坂田藤十郎
夢中対象 ゴルフ 1989(H23) '90(H14)'93(H7)'96(H5) 2004(H8) /写真/花鳥風月 
ホールインワンは3回しか達成していない。生涯計画6回完遂^^。

カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
天気予報(札幌・石狩地方)
天気予報(全国)

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
最新記事
ブロとも一覧

あわピューing・GOLF

本格コーヒーで燃えるダイエット

CHYARAの徒然日記

シャンクな日々改めシングルへの日々(2006年12月27日)

しんしんの日記

愉快な仲間と楽しいゴルフ&スキー

syoball

ゴルフ大好きです(in静岡)
カテゴリ
ブログ内検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
RSSリンクの表示