【北海道シリーズ】第2R グレート札幌カントリー倶楽部



-2度目のラウンドにサンドが活躍-

(2度目なのにサンドとはこはいかに?!)

5月の下旬に北海道へ渡ってから、屋根の葺き替え修理という大工事をするため、複数の業者に当たって、見積もりを取ったり工事の概要説明を受けたりしていた。

予算と工事内容から1社に絞り、具体的な日程調整に入ってやっと動けるようになった。

先週は、ルイさんに誘われ、グレート札幌カントリー倶楽部で、今回の渡道以来初めてのラウンドを楽しんだ。

5月の2週にアルクのコンペでプレーしてから、40日ぶりにクラブを握ったことになる。

結果は、苦惨を嘗めて、93。

古参も苦惨でお手上げ降参の公算だい。

休眠状態から急に体を動かしたので、腰に来てしまった。

来(こ)し方を眺める。。

うじうじしていたが、24日の火曜日に意を決して、打ち放しの練習場へ出かけた。

サンドウェッジで50球ほど、ピッチングウェッジで100球ほど打って、やり過ぎる前に理性を働かせて練習を止めた。

その夜、26日にラウンドを予定しているawapyuさんに参加の可否を問うと、最後の1名としてOKとの返事があった。

当日、1時間半前に先週と同じグレート札幌カントリー倶楽部に着き、一週間ですっかり散ったオオデマリの写真を撮り、そのままアプローチの練習場に向かった。



グレート札幌カントリー倶楽部 
グレート札幌カントリー倶楽部
左手前は先週満開だったオオデマリViburnum plicatum var. plicatum
先週の様子↓
http://duffer1056.blog79.fc2.com/blog-date-20140620.html



オオデマリViburnum plicatum var. plicatum
オオデマリViburnum plicatum var. plicatum
わずかに「花」が残っていた



オオデマリViburnum plicatum var. plicatum
葉っぱまで矯めつ眇めつ
なんだか快晴によろこび万歳しているみたい




アプローチの練習を始めて、忘れていたことを思い出した。

サンドウェッジのヘッドが深く入ったり、浅く入ったりして距離が合わなかった理由が分かった。

「左、押さえる」とスコアカードの余白にメモした。

サンドウェッジは、クラブとしては短いが、ヘッドは一番重いのがこのクラブのフィーチャー(feature 特性)だ。

グリーン周りでサンドウェッジを使いこなせないゴルファーにフューチャー(future未来)はない。

常にコントロールして振るクラブだから、特にゆっくり振るときには、重力と引力と遠心力の妙で球を打つ前にバンスが地面を叩いたりする。

意識的に叩かせることもある。

ゆっくり振りながら、きちんとフェースを当てるには・・・左の押さえが重要になる。

左手の掌の膨らみの部分をグリップの上に当て、グッと押し込んだままにする。

右手の人差し指を鈎型と言うか、銃の引き金を引く形に曲げて、グリップを下から支える。

左押し、右上げでヘッドのバランスを取る。

アドレスを取り、左手の圧力を増しながらテークバックをするとクラブヘッドは自動的に上がって行く。

そこで左手の圧力を決して減ずることなく、腰を切り、肩を落とし、両手をそのまま引くと、フェースはコントロールされた軌道を落ちて来て、球を打つ。

「左で押して、右で吊る」を思い出した。

これは、グリーン周りからサンドウェッジのフェースを立てて、ランを使ってピンに寄せるときにも役に立った。

イン・スタートの12番、562ヤードのパー5では、グリーンの左手前から18ヤードのアプローチ、フェースを立て左から右に切れるグリーンでピン下40センチに付け、パー。

アウトの1番、501ヤードのパー5では、3打目をグリーン左に外していたが、奥に切ってあるホールまでの25ヤードを転がして80センチに付け、パー。

アウトの2番、353ヤードのパー4でも、グリーン左手前から10ヤードをピン下30センチに付け、パー。

いずれもイメージ通りのプレーができたホールだった。

INが45、OUTが42の87だった。

もちろん、ショットもパットもまだまだだが、ブランクも長く体力も落ちているから、ぼちぼちやっていくしかない。



スタート前の練習グリーン
スタート前の練習グリーン
1年ぶりにみなさんと挨拶を交わす



IN 12H Par5 Green
IN 12H Par5のグリーン
かなりの受けグリーンとなっているので、左前からの寄せは左から右へ切れてジャストのところへ行ってくれた




直子さん Out 1H Tee
わが組紅一点の直子さん
OUT 1H Par5では素晴らしいドライバーショットを披露した




OUT 4H 175Y Par3  Par
OUT 4H 175Y Par3
快晴の空からやや強いアゲンストの風が吹いていた
5Wでグリーン奥のピン横に付けたが、打ち切れずにパー。



久しぶりに晴れ渡り、やや暑いほどだったが風は心地よく吹いて、至福のひとときを享受した。

この日は、awapyuさんを始め、3組がプレーしたが、わたしたちはトップの露払いをつとめた。

ご一緒いただいたSHさん、コロンさん、直子さん、そしてみなさん、楽しい一日をありがとうございました。


【本日の一句】
サンド技 秘密は左 たなごころ

   
プロフィール

ダッファー 

Author:ダッファー 
夢 もう一度St.Andrewsオールドコース17番でパーを取る。
似た役者 中村扇雀 改め坂田藤十郎
夢中対象 ゴルフ 1989(H23) '90(H14)'93(H7)'96(H5) 2004(H8) /写真/花鳥風月 
ホールインワンは3回しか達成していない。生涯計画6回完遂^^。

カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新コメント
天気予報(札幌・石狩地方)
天気予報(全国)

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
最新記事
ブロとも一覧

あわピューing・GOLF

本格コーヒーで燃えるダイエット

CHYARAの徒然日記

シャンクな日々改めシングルへの日々(2006年12月27日)

しんしんの日記

愉快な仲間と楽しいゴルフ&スキー

syoball

ゴルフ大好きです(in静岡)
カテゴリ
ブログ内検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
RSSリンクの表示