宿敵ハルノソヨカゼさんと対戦

 4月24日(日)、わたしは最近になく緊張した面持ちでコースに向かった。
今日一緒にプレーするのは、先週クラブの月例競技で79で回りダントツの成績で優勝したブラックシャークさん、先週もご一緒のドクター、そしてクラブの月例競技Aクラスで準優勝したハルノソヨカゼさん。
紅一点のハルノソヨカゼさんはスクラッチでわたしを粉砕し、突き飛ばし、ポケットから一枚強奪するのを最近の楽しみとしていると風の噂に聞いている。
戦績は1勝1敗1引き分けのまったくの5分と5分、意地とプライドとプライスが懸かった一戦が待っているのだった。



愛川 5H 20110424
愛川5H Par3




 前日は暴風雨が荒れ狂ったが、まるで台風一過のように快晴となった。
しかし、バンカーにはプールが出来ていて、スコアメークにはバンカーを避けなければならない。



【前 半】
  1H パー5。
 スタートホールは、打ち上げの短いパー5。
全員が良いショットをして、ラウンドが始まった。
わたしは2打目をフェアウェー左から、左の法面に沿ってスプーンでショットを放ち、ピンまで105ヤードに持っていった。
ピンは左奥。左手前にはバンカーがあるので、グリーンの右を狙い、打ち上げを考えに入れ、8鉄でグリーンをとらえた。
昨夜の雨でグリーンは遅いようだが、打ちすぎても良くない。
慎重に寄せて、パーでこのホールを終えた。

ドクターも、ブラック・シャークさんも、ハルノソヨカゼさんも、ボギーで発進。

2H パー3。
 ティーショットはグリーン左のエッジへ。寄せがショートして、2パットのボギー。
宿敵ハルノソヨカゼさんもボギーだった。

3H パー4。
 ドライバーを振ってみた。球はやや右へ行き、カート道に跳ねて距離を稼いだ。
高速道路に薩摩の守ただ乗りと洒落て見たが、フェアウエー中央の木がちょっと邪魔になる。
P/Sでグリーンを狙ったが、木を気にして右に外し、寄せて1パットのパー。

ソヨカゼさんは、ボギーを叩いてため息をつく。





20110424 愛川コース 4H Dr
愛川4H Par4
ドクターのティーショット



20110424 愛川コース 4H Black Shark
愛川4H Par4
ブラック・シャークのティーショット



4H 池越えのパー4。
 わたしは膝を傷めてからこの池を越さなくなっていた。最近膝が良くなってまたパワーが戻りつつあり、正面から池越えに臨んだ。球はわずかの余裕で池を越えてくれた。サンドウェッジでグリーンを狙ったが、ショートして、それを寄せ、ワンパットのパー。

ソヨカゼさんは痛恨のダブルボギーを叩いて、「あー、もう4打も差が付いちゃったあ」と嘆く。

5H 打ち下ろしのパー3。
 まだまだ油断は出来ない。彼女はスッポンのように食らいついて離れない根性の持ち主、ここらで突き放しておかなければやっかいなことになりかねない。
わたしのティーショットはグリーンを外したが、彼女はピン奥ながらグリーンをとらえ、しかもバーディー・チャンスをものにしようと目を光らせた。わたしはボギーとし、彼女はパーに終わったが、1つ差が縮まった。

6H インデックス1のパー5。
 ティーショット、セカンドともに無難にこなし、3打目はバンカーを避けてグリーン右を狙ったが、右手前までしか行かなかった。左奥のピンまで30ヤードほど。
ここで3打目をバンカーに入れたドクターが、「寄せっこをしよう」と持ちかけてきた。
「よし来た」と応じて、遠いわたしからのショットとなった。ピンにぴったり付けよう、とフェースを開いて強めに打ったら・・・ピンハイに飛んで、そのままグリーン奥に転がり出てしまった。ボールが飛んで、止まらない。
ドクターはバンカーからグリーンに乗せ、この勝負ドクターの勝ち。
わたしの次のアプローチはピンまで5ヤード強、打ち過ぎを警戒して打ち切れず、2パットのダブルボギーとしてしまった。
ソヨカゼさんは手堅く攻めてパー。前のホールとこのホールで3打追いつかれ、リードは薄氷の1打となった。





20110424 愛川コース 6H Black Shark
愛川6H ブラック・シャークのウッド・ショット




7H 打ち上げの長いパー4。
このホールは打ち上げで距離もあり、男でもパーをセーブするのが難しいので、レディース用のティーが前方に設けてある。しかし、ソヨカゼさんは男どものティーに一緒に立った。「可愛くない?」とにこやかに笑いながら挑戦してくる。男たち2人が、「スクラッチばかりでなく、同じとこから完全に勝つつもりだ」と彼女に声援を送る。
追い上げ急な上、ここでやられたらダメージは大きい。フェアウェーをキープして、3Wでグリーン70ヤードまで運んだ。3打目はP/Sでピンの左ワンピンに付けたが、パーパットは外してボギー。

ソヨカゼさんはミスショットが重なって、6打を費やしてやっとグリーンに乗せた。しかし、8ヤードほどのパットを見事に決めて、ダブルボギーながら生き返った顔をしている。




20110424 愛川コース 8H Black Shark
愛川8H Par4.
ブラック・シャークのティーショット




8H パー4。
2打目をわずかにショートして、3打で乗せたが、1ヤード強のパーパットを打ち切れず、球は垂れてボギー。
ソヨカゼさんもボギー。





20110424 愛川コース 9H Spring Breeze
愛川9H Par4.
ハルノソヨカゼのティーショット




9H 途中から打ち下ろしのパー4。 2打を終えて、ピンまで残りが30ヤード。フェースを開いてピンをデッドに狙ったら、球の弾きが良いのかポーンと飛んでピンハイに落ちた球は奥に5ヤードほど転がり、下りのパーパットが残った。そこから痛恨の3パットをしてダブルボギー。
ソヨカゼさんは、手堅くボギーでホールアウトをしている。

前半の成績はダッファー44、ハルノソヨカゼ46と、勝負の行方は予断を許さないままお昼になった。



  【後 半】
1H Par4.
 後半はどのようなプレーをしようか。前半の出足は良かったが、後が良くなかった。アプローチが飛びすぎるのは、飛ばないよりも具合が悪い。

①スイングは思い切って振る。
②アプローチは慎重に、転がりも計算に入れて手前から。
③昼からは芝が伸びるから、パットはよく打て。

3点ほど心に決めて、午後のプレーを始めた。
ティーショットは思い切り振ったら、昔の飛距離から10ヤード強飛んではいないものの、最近にしては飛んでいる。
次打を5Wで打ったら、グリーンに乗っていった。
2打で乗らなくなってから久しいが、やはりパーオンするのは気分がよろしい。
しかし、球はグリーンに乗っただけ、左奥のピンまでは15ヤードほど打たねばならない。
上りで逆芽、暖かいので芝も伸びたであろう・・・と、力を込めてパットをすると、打ちすぎてしかも傾斜で左へ垂れ、2ヤード以上のパーパットが残った。外して3パットのダブルボギー。

宿敵は、サブグリーン前のバンカーからホームラン気味にグリーンを越して、カート道をも越えたベアグラウンドに近いライからのアプローチをダフってしまい、4打で乗せて2パットのダブルボギーとしてしまった。





相模コース 20110424   Doctor
相模1H ドクター




2H パー3。
 145ヤードを、5番アイアンを用いて短く握り、コンパクトに打った。
ピンハイをやや越えて、グリーンの右をとらえた。
下りを慎重に寄せて、2パットのパー。やっと息を継ぐ。

ドクターはグリーン手前のバンカーに入れていたが、バンカー内は依然としてプール状態。しかし距離もあるバンカーショットを見事に決めてピンに付け、パーとした。
ライバルのハルカゼさんは2オンの2パットでボギー。

3H パー4。
ドライバーショットはフェアウェーをとらえ、5Wでグリーンを狙うと、バーディー・チャンスに付いた。
ここでブラック・シャークさんのスーパー・ショットが出て、ベタピンに付け、難なくバーディー。満面の笑みがこぼれた。
わたしは慎重にパッティングをして、パー。 
ソヨカゼさんは、3オン2パットのボギー。後半3ホールで、1打ずつ差が広がっている。




相模コース 20110424   Doctor
相模3H ドクターのティーショット




相模コース 3H Spring Breeze
相模3H ソヨカゼさんのティーショット



4H 後半ではインデックス1 打ち下ろしのパー4。
 ティーショットはスプーンで安全に打って行った。次打をグリーン近くに運んで、アプローチは飛びすぎないようにと加減したら、ショート。2パットのボギー。

ここで素晴らしいプレーをしたのがハルカゼさん。3打目のアプローチをピタリとピンに付け、パーをセーブした。
それ以上に鮮やかなプレーはドクター。2打目をフェアウェー右のバンカーに入れ、ピンまでは80ヤードもある難しいショットをビタッとピンに付け、パー。皆の称賛を受けた。





相模コース 4H  scene  20110424
相模4H Par4




相模コース 4H 20110424  Shark
シャークさんのティーショット



相模コース 4H  20110424   Doctor
ドクターのティーショット



5H 谷越えのパー3。
 オナーのソヨカゼさんはビシッとグリーンをとらえる。
わたしはトップ気味に打って、ガードバンカーを越えたもののグリーンエッジで球は止まった。右に切れるラインと判断してパターで寄せを図ったが、読みよりもさらに右へ切れ、1ヤード半のパーパットが残った。打ち切れずにボギー。

連続パーのソヨカゼさんは再び追い上げモード。




相模5H  20110424   soyokaze
相模5H Par3 ソヨカゼさんのティーショット



6H パー4。
このホールは2打地点でフェアウェー中央に立木があって、時としてグリーンへの攻めが難しくなったりする。
左のグリーンに対応するため、ティーショットは左に打って行った。セカンドは残り150ヤードほど、風が吹いている。ピンを狙って果敢に攻めると、バーディー・チャンスに付いた。カップまで下りの右から左に曲がるラインを狙い澄ませて打つと、球はカップに吸い込まれて行った。初バーディー♪

ドクターはここでも絶妙に寄せてパー。
シャークさんがボギーで、ソヨカゼさんはなんとわたしのバーディーにショックを受けたか、ダブルボギーを叩いてしまった。




ドウダンツツジ(燈台躑躅 Enkianthus perulatus>)
ドウダンツツジ(燈台躑躅 Enkianthus perulatus)




相模コース 6H 20110424   ソヨカゼさん
相模6H Par4 ソヨカゼさんのティーショット



相模コース 6H 20110424   Shark
相模6H Par4 シャークさんのティーショット



相模コース 20110424   Duffer
相模6H Par4 ダッファーのトップ・オブ・スィング




7H パー4。
 このティイング・グラウンド近くの林の中には、ミミガタテンナンショウ(耳形天南星)のコロニーがある。
みなさんを案内して、奇妙な形のテンナンショウが咲いているところを見てもらった。

 さて、打ち上げはやや力不足のショットで、残りが150ヤードほどある。昔は100ヤードを切ったことも珍しくないから、やはり体力の衰えは隠しようがない。7Wを一閃、ピンハイにグリーンをとらえた。
バーディー・パットはわずかに弱く、最後に球が垂れてパーに終わった。

シャークさんが、うまく寄せてパー。
ハルカゼさんはボギー。
悲劇はドクターだった。グリーン手前のバンカーにつかまって、そこから脱出するのに5打を費やしてしまったのだった。




8H だらだら長いコース最長のパー5。
ティーショットと次の3Wはまずまずの当たり。しかし3打を打ってもまだピンまで80ヤードを残していた。このグリーンは傾斜がきつく、ピンより上に付けたら3パットの可能性が現実味を帯びてしまう。アプローチをショートして、グリーンエッジからカップを狙ったら、わずかボール1個分カップの上を逆U字にターンしてピン下に付いた。ボギー。

ライバルはダブルボギーの7でホールアウト。



相模8H 20110424  Duffer
相模8H Par5 ダッファーのティーショット



相模8H 20110424 Doctor
相模8H Par5 ドクターのティーショット



9H 打ち下ろしのパー4。
ややアゲンストの風が吹いているが、思い切ってドライバーを振った。
このところフェアウェー中央の木の手前までしか飛ばないことが多く、木が邪魔になることもしばしば。
しかし、久々に木の前からグリーンを狙うことが出来た。ピンまで残り100ヤード弱。アゲンストの風が吹いているので、下りと相殺して、100ヤードの感覚でピッチングをコンパクトに振った。球はピン横に落ちて止まった。60センチを放り込んでバーディー♪

お3方はいずれもボギーでホールアウトした。
後半の成績は久しぶりに良く、2バーディー、4ボギーの37だった(パー35)。
ソヨカゼさんは46だから、今回は後半で頑張ったダッファーの勝利となった。
みなさん、楽しいゴルフをありがとうございました。

 この日使ったボールは、XXIO DC。 従来はTitleist の ProV1を使っていたが、飛距離を求めてディタンス系を使ったのがプラスに働いてくれたようだ。
しばらくこのボールを使ってみることにした。




練習ラウンド 2011.4.24. Sun.
愛川コーススタート 晴天 暖

使用グリーン:A ピン位置:B 使用ティー:レギュラー
愛川コース

Hole 1 2 3 4 5 6 7 8 9
Par 5 3 4 4 3 5 4 4 4 36
Score 5 4 4 4 4 7 5 5 5 44

相模コース
Hole 1 2 3 4 5 6 7 8 9   TTL
Par 4 3 4 4 3 4 4 5 4 35 71
Score 5 3 4 5 4 3 4 6 3 37 81


   
プロフィール

ダッファー 

Author:ダッファー 
夢 もう一度St.Andrewsオールドコース17番でパーを取る。
似た役者 中村扇雀 改め坂田藤十郎
夢中対象 ゴルフ 1989(H23) '90(H14)'93(H7)'96(H5) 2004(H8) /写真/花鳥風月 
ホールインワンは3回しか達成していない。生涯計画6回完遂^^。

カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
天気予報(札幌・石狩地方)
天気予報(全国)

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
最新記事
ブロとも一覧

あわピューing・GOLF

BITCOIN MAXXIMIZE & 本格コーヒーで燃えるダイエット

CHYARAの徒然日記

シャンクな日々改めシングルへの日々(2006年12月27日)

しんしんの日記

愉快な仲間と楽しいゴルフ&スキー

syoball

ゴルフ大好きです(in静岡)
カテゴリ
ブログ内検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
RSSリンクの表示