2011年1月アルクコンペ

 快晴の2011年1月9日、第222回アルクコンペ「新春初打ち杯」が開催された。

早朝コースに向かうと気温はマイナス3度、朝日が射してきてもグリーンはコチコチに凍結して、オーガスタ並み?の固さと速さだった。

新春の初顔合わせとあって、あちこちで旧年中の厚情に感謝を述べ、本年も宜しくと挨拶を交わしている。





20110109
白い霜も残る凍結のグリーンでパットの練習をするゴルファー







20110109-1
池にも氷が張って、薄氷を踏むラウンドが始まった
愛川2番 パー3






先月のコンペ以来初めてのゴルフで、多少の心配はあったが、練習場で球を打ってみて多大のミスに童謡を歌い出したいほど動揺した。

ピッチングウェッジを大ダフりして、球の10センチ前のマットを叩いてしまう体たらく。

5番アイアンも10センチ手前にヘッドが落ちてしまう。

体が錆び付いて軋んでいるのだ。

世界的ベアリングメーカーの友人に声を掛けて、グリースオイルを頼んだら、次回に持ってきてくれることになった。

なんでも、「食べられるグリースオイルがある」のだそうで、ぜひ一度食べてみたい。

ピッチングウェッジと5番アイアンを打つだけで、練習ボールは消費してしまった。

同伴競技者の一人に春風の如く駘蕩してきたハルノソヨカゼさんがいる。

先月のコンペでは、腕自慢の男性陣に混じってバックティーから回り、堂々の優勝を飾った実績を引っ提げて、連続優勝を密かに企んでいるらしい。

スクラッチで握る羽目になってしまった。

スタートホール、2番ホールと順調に1打ずつリードして迎えた3番ホールで悪夢が起こった。

フェアウエー左のセミラフに打ったわたしのボールが見あたらない。

「なくなるボールじゃない」とノリノリさんも懸命に探してくれたが、ないものはない。

思い掛けない紛失球に平常心もついでに失い、このパー4で8を叩いたのに対して、ハルノソヨカゼはどこ吹く風、グリーンエッジからのパットが入ってバーディー!!!

一挙に形勢は逆転、3打のリードを許してしまった。





20110109-2
神隠しに遇った魔の3Hでダブルスコア8 




4番ホールは共にパーで分け、5番6番で1打ずつ挽回、その差は1ストロークに詰め寄るも、7番ではそよ吹く風のパーに対してボギーを叩き、またもや2ストローク差に。

8番でダッファーのパーに対して相手のボギー、またも1打差に詰め寄って、前半の最終ホール9番に来た。

わたしは2オンに成功、バーディーが狙える好位置に付いている。

そよ風さんはグリーン右手前のバンカーから3オンするも長いパットを残している。

これで追いつくか、やれやれ・・・。

そよ風さんがパーパットを打った直後、本人が「あ、足りない!」

しかしその球の転がりは実に良く、スネークラインを辿りつつ、コローンとカップインして、パー♪

開いた口が塞がらなかった。

わたしのバーディーパットは球一個外れて、ただのパーで終わり、1打リードされたまま前半のプレーを終えた。




20110109-3
ハルノソヨカゼさん 「もうゴルフが面白くって!」




後半も一進一退の攻防が続き、そよ風さんは「もう、一ホールごとに心臓がバクバク」と胸を打ちながら笑っている。

6番では、彼女が先にパーを確保、わたしがボギーを叩き、その差は2打とまた広がった。

7番、ここらで追いつかないと・・・と2オンしてまたもバーディー・チャンスを作って、彼女のプレーを待つ。

ここで力が入ったらしく、3打目をダフってバンカーに入れ、そよ風さんは4打でグリーンに乗せた。

しかし、ここでも長いパットを1回で沈め、ボギーと粘る。

ダッファーも真剣にラインを読んで、今度はバーディーを決め、オールスクェアに持ち込んだ。

8番は長いだらだら上りのロングホール。

女性のティーは100ヤードほど先にあるが、3打を費やした時点ではこちらが断然有利だった。

ピンは急な受けグリーンの手前寄りに立っている。

ピンの奥に付けたら3パットを覚悟しなければならない。

ピンまで25ヤードのアプローチショットが残っていたので、サンドウェッジを思い切り開き、20ヤードを打って止めようと図ったが・・・ショートして乗らず。

次打をピンの上に付けてしまって、結局ダブルボギーにしてしまい、ボギーの彼女にまたも1打のリードを許してしまった。

最終ホール、ドライバーショットは共にフェアウエー。

わたしの方が先にあるが、ライはなんとディボット跡を砂で埋めたミニバンカー状態。

そよ風さんが放った第2打は大きく右に飛び出し、右の法面に向かう。

「ああ!」と叫ぶ彼女は、次のバウンドで、「あ、バンカー!」

跳ねたボールはグリーン右手前のバンカーに入るかと思えたが、その向こうを転がり、転がり・・・グリーンに乗ってバーディー・チャンスへ!!!!

この局面でこんなことが起きるのかっ。

わたしの2打はグリーン手前へ、そしてエッジからのパーパットがピンに当たって無情にもカップからはみ出し、ボギー。

ハルノソヨカゼさんは、余裕を持ってパーとし、2打差でダッファーを下してしまった。ああ。

さらにはこのコースでの彼女のベストスコアとのことで、「もうゴルフが面白くって!」と全身で笑い弾ける彼女であった。




20110109-4
ピンまで15ヤードのアプローチをぴたりと決めるハルノソヨカゼさん






第222回アルクコンペ 2011.1.9. Sun.
愛川コーススタート 快晴

<太>使用グリーン:A ピン位置:B 使用ティー:レギュラー
愛川コース

Hole 1 2 3 4 5 6 7 8 9
Par 5 3 4 4 3 5 4 4 4 36
Score 6 3 8 4 3 6 5 4 4 43

相模コース
Hole 1 2 3 4 5 6 7 8 9 TTL
Par 4 3 4 4 3 4 4 5 4 35 71
Score 6 3 4 5 4 5 3 7 5 42 85


   
プロフィール

ダッファー 

Author:ダッファー 
夢 もう一度St.Andrewsオールドコース17番でパーを取る。
似た役者 中村扇雀 改め坂田藤十郎
夢中対象 ゴルフ 1989(H23) '90(H14)'93(H7)'96(H5) 2004(H8) /写真/花鳥風月 
ホールインワンは3回しか達成していない。生涯計画6回完遂^^。

カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
天気予報(札幌・石狩地方)
天気予報(全国)

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
最新記事
ブロとも一覧

あわピューing・GOLF

BITCOIN MAXXIMIZE & 本格コーヒーで燃えるダイエット

CHYARAの徒然日記

シャンクな日々改めシングルへの日々(2006年12月27日)

しんしんの日記

愉快な仲間と楽しいゴルフ&スキー

syoball

ゴルフ大好きです(in静岡)
カテゴリ
ブログ内検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
RSSリンクの表示