多摩川の河川敷ショートコースで練習再開

5月12日、朝からくっきり晴れ渡り、気温はぐんぐん上昇、絶好の練習日和だ。

多摩川の下流の河川敷きにある「東急ゴルフパークたまがわ」で一日友人と「回り放題」の練習をした。

もう四半世紀前のこと、ここは9ホールあって、クラブハウスから河原に下り、小船の「渡し」でコースに着くという風情があった。

早朝の朝霧立ちこめる頃、ゆらり船に揺られて彼岸へ渡るのはどこか非日常的で胸ときめくものだった。

あるいは、ゴルフを始めたばかりで、何もかもが非日常的に思えたのかもしれないが。

それから一時期閉鎖され、「彼岸」であった「此岸」に申し訳程度のスタート小屋が出来、コースも7ホールに縮小されて再開したのだった。

日焼け止めクリームをたっぷり塗っていたが、雲一つない快晴に初夏を思わせる陽差しは強く、気温も28度を超える夏日となり、汗を掻きながら日がな一日長閑な練習を楽しんだ。

練習はやり出すと癖になりそう。




600x 東急ゴルフパークたまがわ 20160512R A700
東急ゴルフパークたまがわ
快晴の一日、回り放題を楽しむ














ドライバーの練習

 昨日【北海道シリーズ】の第16ラウンドをしてきた。

もう何年ぶりだろうか、レンジでドライバーを振ってみた。

スライス気味だが、クラブが振れるようになってきた。

球の位置を変えて、タイミングを調整すると、真っ直ぐ飛んだ。





20140901 太平洋クラブ札幌コース
太平洋クラブ札幌コース




 ラウンドを終えてご一緒した方々とやや遅い昼食を取り、四方山話に花を咲かせた。

それからみなさんは風呂へ行き、わたしはアプローチ練習場へ向かった。

1時間ほど40ヤード前後を打った。

6月に北の大地でゴルフを再開したときは、30ヤードを打つにも力が要ったし、あまりに球がばらけていた。

ラウンド後には疲れを感じて、練習もせずに帰宅したことが何度かあった。

精度は悪いが球のばらけは多少改善してきた。

またゴルフが面白くなってきた。




アプローチ練習場
アプローチ練習場
ラウンド後に、40ヤード前後を練習した

アプローチの練習-フェース面を変えない

 アプローチ・ショットの練習を再開して何度目かになる。

右脇を締めるのを思い出して、両手が体のすぐ前を通過するようにすると方向性が良くなった。

今回は50ヤード弱をほぼフルスイングのフォームで打つ練習を1時間ほどしてから、グリーン奥のピンをターゲットとして40ヤード弱のショットを練習した。

40ヤード弱では、インパクト前からインパクト後まで開いたままのフェース角度を変えないで打った。

右上から左下へクラブを引き、左へ切腹するような形、左脇は引く。

フェースを開いた分、インパクトを強くしてスピンを効かし、グリーン面へ落ちて止まる球筋だ。

思い切って打てるようになったのが、密かな喜びだ。

左右のばらつきが少なくなったが、前後の距離にばらつきが目立った今回の練習だった。

ほとんどのショットをセミラフから行ったが、最後に芝を刈り込んだところ(フェアウェー)から打つと、面白いように球が止まった。

芝が枯れて来て、ディヴォットを埋めた砂が目立つようになった。

若いひょっとしてプロを目指すかも知れない女性が30分ほど練習して行ったが、ディヴォット跡を直していなかった。

日が暮れて、他に誰もいなくなった。

自分のディヴォット跡に砂を入れて軽く均し、一帯の他の跡も直してから帰路についた。

練習とS〇Xは、やり始めるとまたやりたくなる。




20121124
芝が枯れて来たアプローチ練習場



20121124
多くの時間をセミラフからのショットにあてた



20121124
方向性は良くなっていたが、前後のぶれがある

アプローチ・ショットでカツッと音がする

 このところ朝夕はめっきり冷えて、カエデも色づき、山の紅葉も鮮やかになってきた。

久しぶりに午後から時間が取れたので、アプローチの練習に出かけた。

素振り棒で体を慣らし、そそくさと40ヤードのショットに取りかかった。

ほぼ1ヶ月前に練習を再開してこれまで数度練習したためか、最初から距離感はほぼ戻っていた。

しかし距離は良いのだが、左右のブレが数ヤードあって、やや左へ引っかけ気味になる。

これでは厳しいピン位置を狙っては行けない。

原因は、①振りがわずかに遅れること、②右手(右腕)と左手(左腕)のバランスが、右優位となっていること の2つがあって、複合的に働いていると思われる。

「ダウンスイングでは、クラブを左肩で引く」のを心がけると真っ直ぐ、またはやや右に球が出る。

練習を重ねて、無意識のもそれが出来るように鍛え直す必要があった。

最初はサンドウェッジのほぼロフト(58度)通りに打ち、球が落下してからちょっと足を使った。

やがて、フェースを開いて、強く打ち、高さとスピンで止める練習をした。

カツッ! カツッ! と球にフェースがコンタクトする音がするときは、良いショットになった。

そうだ、そうだ、忘れていた。

きっちりと球とフェースがコンタクトする必要がある。

強いスピンを掛けると、グリーンにボールマークがはっきり出来て、ほとんどランもなく止まった。

最初のクールでは65球打った。

65球に特別の意味はない、ボールを入れるボックスが65球入っているという単純な理由だ。

次のクールでは、高い球、低い球を混ぜて打った。

最初のクールよりなぜか球がばらけた。

1球ずつ球の後ろから打ち出しのターゲットと方向を定めて、打った。

130球打つと70分経っていた。

もう少しやりたいという気持ちを抑えて、練習を切り上げた。

弱い西日はすでに山の端に落ち、急に空気が冷たくなっていた。

冷たい空気が気持ちよかった。





2012.11.22.
40ヤードのアプローチを70分集中して練習
距離感がだいぶ戻って来た
撮影:東京あきる野市 2012.11.22. Canon PowerShot A700




2012.11.22.
紅葉が進んでいる
撮影:東京あきる野市 2012.11.22. Canon PowerShot A700





2012.11.22.
透けて見える黄と赤
撮影:東京あきる野市 2012.11.22. Canon PowerShot A700


アプローチ練習

 前々日に重い買い物袋を手で運んで少し筋肉を使ったせいか、また筋肉が疼いて体を動かしたくなった。

幸いにも、午後から会議の予定もなく、天気も良かったので、コースへ車を駆り、アプローチの練習をした。

すでに2人ほどが、グリーン周りで寄せの練習をしていた。

わたしはグリーンを使わず、グリーン右のバンカーを越えてグリーン右奥の数ヤード四方にターゲットを絞って、40ヤード前後のアプローチ・ショットを練習した。

ミスショットして距離が足りなければバンカーに落ちて、低いところへ球は集まる。

良いターゲットの設定だった。

夏明け以来2回目の練習は、比較的短い時間で距離のばらつきが少なくなり、前回練習の有効性が証明された。

ひとりが去り、粘っていたもうひとりも帰って、グリーンを使った。

最初は30ヤードのピンを想定したアプローチ。

グリーンエッジから3ヤードほどに切ってあるカップに寄せるのに、グリーン手前でバウンドさせ、その後は転がりで寄せようと試みた。

サンドウェッジを使ったが、わずかに上っているグリーン周りでは、球が止まってしまうことが多かった。

天気は晴れたが、地面はやや湿っている。

上げて止める球筋を試みたら、なんとこちらの方が距離があった。

スピンを効かせてグリーン面に落とすと、ほとんどそのまま止まってくれる。

100球ほど練習した。

 次に、グリーン奥にあるピン、距離にして40ヤードのショットを確かめてみた。

ピッチ・アンド・ランを試みたが、今回のグリーンは湿っている他に固さが以前ほどでなく、低いスピンの掛かった球は良く止まった。

ピッチ・ショットの方がこちらも距離が合う。

前回よりは楽に練習が出来たが、前後・左右ともまだまだブレが大きく、練習をサボっていたツケはしばらく解消しそうにない。

夕方気温が下がり、もうゴルファーは帰ってコースは静まりかえっていた。

帰路の途中、おじさんのスタンドからネギひと束を買って来た。

これは自家で消費する。

もし担いでコースへ行ったら、みんなにカモネギと狙われること必定。






buildings sky
朝の内は曇ってまた雨になりそうだったが、ヒルからはからりと晴れたビルの間の空
撮影:東京八王子市 2012.10.25. Canon PowerShot A700





approach range
ピッチ・アンド・ランを練習する人  奥ではグリーン周りから転がして寄せていた
撮影:東京あきる野市 2012.10.25. Canon PowerShot A700





30y
ピンはグリーンエッジから3ヤード、30ヤードの寄せはショートすることが多かった。
撮影:東京あきる野市 2012.10.25. Canon PowerShot A700





40y
ピンはグリーン奥、40ヤードのショットの方が距離のばらつきが少なかった。
ピッチ・アンド・ランとピッチ・ショットの両方を練習。
グリーンは右から左へ傾いているが、それを勘案しても、左右のばらつきがまだ多い。
撮影:東京あきる野市 2012.10.25. Canon PowerShot A700



これでいいんか-空は爽やか、感覚鈍化、

昨日台風がかすめて過ぎたあとの爽やかさに誘われて、夏が終わって以来初めて練習に行ってきました。

もう7週間もクラブに触っていなかった。

なに、40ヤードほどを芝の上から打っただけですが、なんと初めて50球くらいは全部ショートかシャンクかトップか。

大体が極端にショート。

その内、下半身が十分動いていないことに気づき、またクラブが降りてこないうちに上体が左に動いている(らしい)ことに気づき、文字通りの軌道修正。

100球くらい打ってやっと「飛距離」が戻りました(;。;)

感覚がすっかり鈍化していて、錆び落としにもうしばらく掛かりそうです。







approach practice rance 20121019
ほぼ1年ぶりに訪れたアプローチ練習場
台風の影響で明け方までたっぷりの雨が降り、芝生が活き帰っていた。
撮影:東京あきる野市 2012.10.19. Canon PowerShot A700






practice 20121019
ラウンドを終えた2人が練習をしていた
撮影:東京あきる野市 2012.10.19. Canon PowerShot A700





practice 20121019
100球くらい打って初めて距離があってきた
距離ばかりでなく、打ち出す方向にもまだばらつきがおおい。
撮影:東京あきる野市 2012.10.19. Canon PowerShot A700





practice 20121019
木の間からコースを覗いてみる
撮影:東京あきる野市 2012.10.19. Canon PowerShot A700



アプローチの練習

 半年ぶりに冬枯れの東京の芝からアプローチの練習をした。

ピンまでの距離約40ヤード、追い風、グリーンは右から左へ傾斜している。日陰の部分は凍っているところがある。

しかし、そんな条件とは没交渉で・・・

球がバラケる。

100球打ってもバラケる、200球打ってもバラケる。

2時間近くして、分かった。

左手首がふらふらしていた。

グリップが問題だ。

グリップを左手は上から押さえて、右手はピストルの引き金を引くように人差し指を鍵形にして支えた。

左手首を固定して、左手を下へ向けたままインパクトを迎えるようにすると、方向が定まった。

300球打って、やっと以前の感覚が多少戻ってきた。


尻のポケットからメモ帳を取り出して、久々にメモを書いた。

忘れないように。


メモ:
①左に引く(肩で引く)
②体幹で打つ
③左回転
④左手首を固定
⑤左手首をインパクトまで下に向けたまま


阪神淡路大震災が起きたのが、17年前の本日1月17日。

亡くなった方々の冥福を祈って黙祷し、生きてゴルフを出来る感謝をしつつ練習を終え、帰宅した。


Approach Green at TICC 20120117
半年ぶりに東京の枯れ芝からアプローチの練習
最初は球がバラケていた

半月ぶりの練習

 このところ目まぐるしく忙しく、やっと人心地ついたので、サンドウェッジ1本持ってアプローチの練習に2時間ほど汗をかきました。
半月ぶりにクラブを持ってみて、やっぱりゴルフは楽しい。練習だけでも楽しい。
夕食の前に一風呂浴びて、キュゥっと一杯ビールを飲めば、また明日の仕事も苦にならない。







20110607 practice at TICC
40ヤードのアプローチ 1クール目
グリーンは右から左に傾いていて固く速い 
撮影:東京あきるの市 2011.6.7. Canon PowerShot A700 

2ヶ月ぶりにアプローチの練習

 ほぼ2ヶ月ぶりに練習をした。
今日東京は朝から気温が上がり、17度にもなった。
明日からまた時間が拘束されるので、コースに車を走らせた。
40ヤード、30ヤードのアプローチ・ショットを練習した。
56度のサンドウェッジをその角度で打つと、距離が合う。
60度以上に開くと、ショートしがちになり、クラブを強く入れると飛びすぎたりして、距離の誤差が大きくなった。
最後に、グリーン回りからクラブのフェースを立て、転がしてカップを狙う。
山間はまだ花粉が舞っていて、涙が止まらなくなった。
杉はそろそろ終わりだから、檜の花粉が飛んでいるのだろう。
2時間の予定を、1時間半で切り上げざるを得なかった。
まだ薄い芝生に目土を入れて、逃げ帰り、明るい内に風呂に飛び込んだ。

練習をして体を動かすと、やはり爽快だ。
え? だれ? そうかい、何て言うのは。




TICC 20110406 Approach Green
画面左手前からカップを狙う
グリーンは右から左へ傾斜している
25球中3個がカップインした
撮影:東京あきるの市 2011.4.6. Canon PowerShot A700

   
プロフィール

ダッファー 

Author:ダッファー 
夢 もう一度St.Andrewsオールドコース17番でパーを取る。
似た役者 中村扇雀 改め坂田藤十郎
夢中対象 ゴルフ 1989(H23) '90(H14)'93(H7)'96(H5) 2004(H8) /写真/花鳥風月 
ホールインワンは3回しか達成していない。生涯計画6回完遂^^。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
天気予報(札幌・石狩地方)
天気予報(全国)

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
最新記事
ブロとも一覧

あわピューing・GOLF

ニュースエンターテイメント

CHYARAの徒然日記

シャンクな日々改めシングルへの日々(2006年12月27日)

しんしんの日記

愉快な仲間と楽しいゴルフ&スキー

syoball

ゴルフ大好きです(in静岡)
カテゴリ
ブログ内検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
RSSリンクの表示