伝説的ウニ丼 積丹半島神威岬への旅④

積丹半島神威岬への旅④

積丹町に入ると、まだ11時前だったが伝説のウニ丼を食べさせる(と言われる)田村岩太郎商店へ直行した。

日によっては行列が出来、売り切れることもしばしばなので、積丹半島の旅第一の目的「ウニ丼を食べる」を実現するためだ。

店に着くと、駐車場に先客の気配はない、しめしめ。









20150825 田村岩太郎商店 
田村岩太郎商店 積丹町




続きを読む

セタカムイ岩 積丹半島神威岬への旅③


ローソク岩を右に眺めながらトンネルを過ぎ、さらに国道229号線を走ると、余市町と古平(ふるびら)町の境に位置する豊浜トンネルがある。

1996年に岩盤崩落事故が起こり多数の犠牲者を出したが、2000年には新しいバイパスが完成している。

トンネルを出ると、右側に奇岩が見える。

「セタカムイ(犬の神様)岩」は高さ約80メートル、ここにもアイヌの伝説が残っている。





0775 600x 20150825 セタカムイ(犬の神様)D50 100 250 11 

セタカムイ(犬の神様)岩
撮影: 北海道古平町 2015.8.25.  Canon EOS  D50  ISO100 1/250sec  f5 





続きを読む

ローソク岩 積丹半島神威岬への旅②

ローソク岩 積丹半島神威岬への旅②

ローソク岩(ローソクいわ)は、北海道余市郡余市町潮見町沖、約550mに存在する岩でできた無人島である。






0770 600x 20150825 EOS D50 100 250 8 ローソク岩
ローソク岩 国道229号から写す

続きを読む

シリパ岬 積丹半島神威岬への旅①

シリパ岬 積丹半島神威岬への旅①

2015年8月25日(火)、札幌から小樽を経由し、ニセコ積丹小樽海岸国定公園のいくつかのポイントを観て、神威岬(かむいみさき)を訪ねて来た。



6591 600xL 20150808 G15 シリパ岬
シリパ岬 
北海道余市郡余市町登から見るシリパ岬 眼下にブドウ畑が広がっている

続きを読む

南無阿弥陀仏

 お盆が近づくと、妻の母親の実家がある余市町を訪ねるのが恒例となっている。

親戚筋のお墓のいくつかに花を供え線香を上げた。

余市町登(よいちちょう・のぼり)の高台にある墓地からは、シリパ岬がよく見える。

墓地に接する山本観光農園から、大粒の完熟サクランボ・佐藤錦を購入、妻の母親に「余市産ですよ」と勧めると舌鼓を打って満足してくれた。

また余市川を見下ろす町営墓地にはすぐ指呼の間にニッカウヰスキーの創始者・竹鶴政孝氏とその妻リタさんの墓碑があり、今年も記念撮影をしてきた。

この墓からは対岸のニッカウヰスキー工場がよく見えたが、最近は木々が伸長して一部では屋根まで隠れるようになった。

おそらくニッカの関係者であろうが、必ずニッカウヰスキーの小瓶が供えてある。




20150808 余市町 G15
伝統的な墓石が多い
撮影:2015.8.8. 余市町 登 Canon PowerShot G15

続きを読む

道東への挨拶回り

7月1日にチサンCC銭函で北海道ゴルフ三昧シリーズの火ぶたを切ったが、翌朝早く雨の中を道東へ車を走らせた。

例年は7月末から8月にかけて挨拶回りをするのだが、今年はスタートダッシュを早めた。

北見市に叔母を訪ね、トリトンで鱈腹寿司を食べるのを常としている。

寿司をつまみ、買い物の手伝いをしてたっぷり時間を使った。

次いで姉たちを訪ね、今や定宿となったホテル黒部で一泊、次の日は父の命日なので生家に赴き、年に一度亡き父母と先祖に手を合わせる。

昔の同級生を訪ねて酒瓶を渡すと、相好を崩した。

昼はふたたび叔母を誘って寿司をつまみ、昨日買い残したブラウスや何やらのショッピングに付き合い、茶と菓子を楽しんだ。

ホテル黒部に2泊して、朝の内に国道39号線をたどって大雪を越え、旭川に入った。

井上靖の文学館で、世田谷から移築した書斎・応接間の案内を聞き、資料を眺めた。

まだ日光が残っている内に寄寓地に戻り、町村農場のこくのある牛乳と行きつけの魚屋で太った黒鰈を買い求めた。

それに新鮮野菜があれば、当地の暮らしは安泰だ。

帰ると、先日苗を植えておいたバジルが根付いたらしく、しゃんと立っていた。





井上靖記念館
井上靖記念館 旭川市
撮影: 北海道旭川市 2015.7.4. Canon PowerShot G15 ISO100 f.5.6 EV+0.3 6mm 中央重点測光


井上靖記念館
井上靖記念館 旭川市
撮影: 北海道旭川市 2015.7.4. Canon PowerShot G15 ISO100 f.4 EV+0.3 6mm 中央重点測光

◈◈ チベットの遠い親戚 ◈◈

◈◈ チベットの遠い親戚 ◈◈

 2010年8月、標高3000メートル級の高地に展開する世界遺産の景勝地-黄龍・九寨溝を旅した際、チベット村に立ち寄った。

街角でキセルをくわえた老人が、声をかけてきた。
懐かしい笑顔だった。
父の生まれ故郷・四国丸亀に先祖の親戚を訪ねたときに見かけた顔を思い出した。
わたしは外国を旅するとよく中国人に見間違えられるが、真のルーツはチベットにあったに違いないとの思いがちべっと脳裏をよぎった。

 あれからやがて5年、老人はまだ街角でキセルをふかしているだろうか。




チベット村で会った懐かしい顔
チベット村で会った懐かしい顔
撮影:2010.8.3. Canon PowerShot A700 ISO100 1/100sec f3.5 6mm EV-0.3

お盆のお参り

お坊さんの読経が続く。

我建超世願、必至無上道、斯願不満足、誓不取正覚
(我れ超世の願を建つ 必ず無上道に至らん この願満足せずんば 誓って正覚を成ぜじ)

わたしの父母はすでに亡く、妻の父親も亡くなって久しい。
妻の母親は、ひとり暮らしをしていた。
その母も高齢になりひとり暮らしが難しくなり、施設に入った。
夏期休暇を利用して、わたしは妻と共に母の自宅に滞在し、その間母を施設から連れて来ていた。
ある夏、母は自宅へ帰っているとき、転んで大腿部を骨折し、手術、そして一年後に再手術をして、また歩けるようになった。

今年、屋根の葺き替え工事をした。
夏になって、お坊さんが盆参りに見えるとなって、母に一時帰宅をしたいかどうか妻が尋ねると、ぜひ帰りたいという意向はなかった。
施設が住処であって住処でなく、しかし自宅も住処であって住処でなくなったのであろうか。

母が帰りたいと言えば、車で連れて来るつもりだった。
短い時間であれば、事故のないよう付き切りでいる心づもりだった。
しかし、歩くのが億劫になったのだろうか、可能と思えるのに帰りたがらなかった。

今朝、お坊さんが見えたとき、「母親に見せたいから」と仏壇に向かって読経する姿を写す許しをもらった。
経を読み終え、念仏合掌の後、向き直ったお坊さんの正面も取らせてもらった。
お坊さんはおどけて、「スターになったみたいですな。」

「お母さん、このようにお盆のお参りを済ませましたよ」と妻は写真を見せながら母に説明するだろう。
「そうかい、ありがとう」と聞こえるようだ。




平成26年8月7日(木) 盆参り
我建超世願、必至無上道、斯願不満足、誓不取正覚
撮影: 2014.8.7. Canon PowerShot G15 ISO200 1/10sec F2


平成26年8月7日(木) 盆参り
香を焚くと天人の奏でる音楽が漂う
撮影: 2014.8.7. Canon PowerShot G15 ISO100 1/100sec F2.5



富士山のプレゼント

 若い人たちが巣立って行った。

多くは順調に段階(grade)を踏んで評価(grade)を受け、最終段階まで進んで業を卒(お)えた(graduated)。

中にはちょっと、あるいは大いに、足踏みをして晴れの日を迎えたものもあった。

その後者にK君がいた。

真面目で才能もありながら、ときどき鬱の状態になり、大切なときに姿を見せないこともあった。

しかし最後に人一倍集中力を見せて、人一倍優秀な成績を収め、この日を迎えた。

「よく頑張ったね」と声を掛けた。

「はい、ありがとうございます。」声が弾んでいた。

新しい仕事に意欲を持っていた。

資格の授与式も終わり、祝賀パーティーも流れ解散となり、会場を出た。

エレベーター前で後から呼ばれた。

K君だった。

「プレゼントがあります。小皿です。」と小さな包みを渡された。

富士山をデザインした皿だった。

大きな山を乗り越えた思いを感じた。





gift f. K
K君からの贈り物 富士山をデザインした小皿
撮影: 2013.3.25. Canon PowerShot G15 ISO200 1/100s AWB 補助光なし

上州秘湯・名湯めぐり 法師温泉・宝川温泉・薬師温泉・湯の小屋温泉②

 上州の秘湯・名湯巡り2日目は、降りしきる雪を蹴立てて三国峠の谷間にひっそりと佇む法師温泉・長壽館がお目当て。

明治時代の豪壮な構えを持つ法師の湯では、木枠の窓越しに柔らかな光が届き、湯船の底からぽこりぽこりと湯が沸き出でる。

無色透明のカルシュウム・ナトリウム硫酸塩泉(石膏泉)は43℃弱とか、冷え切った外気も舞い込む中では、温めに感じ、30分でも1時間でも浸っておられそう。

やがてじんわりと体が暖まって来る。

 
 
数多の文人が訪れたというのも頷ける落ち着きと安らぎがあった。

  草枕手枕に似じ借らざらん 山乃いでゆ乃丸太のまくら  与謝野晶子





法師温泉 長壽館  長壽の湯 20111226 

法師温泉 長壽館 長壽の湯
撮影:群馬県利根郡みなかみ町 2011.12.26. Canon PowerShot A700 ISO200 1/15sec. f2.8







長壽館  
法師温泉 長壽館 降りしきる雪
撮影:群馬県利根郡みなかみ町 2011.12.26. Canon PowerShot A700 ISO100 1/100sec. f3.5






 この長壽の湯に浸かると、何やら本当に長寿が得られそうな気分になるから温泉というものは不思議なものだ。

体の芯から暖まり、わっぱ飯を平らげるとようやく充足感が訪れた。

このまま2~3日、ほっかりと頭を空にして浮き世の喧噪から離れられたらさぞ幸せなことだろう。

だがもうひとつ寄らなければならないところがある-薬師温泉だ。

浅間隠山の懐に抱かれた秘湯の一軒宿、そこにかやぶき屋根を移築し、江戸時代の品々を集めたちょっとしたテーマパークの様相を呈している。

浜田庄司のかやぶき邸が茨城県笠間から移築してあって、陶芸作品の展示に邂逅、予期せぬ喜びだった。

滝見の湯と薬師の湯を楽しみ、今回の湯巡りを締めくくった。






薬師温泉 滝見の湯 20111226
薬師温泉 滝見の湯
撮影:群馬県吾妻郡吾妻町 かやぶき郷 薬師温泉 旅籠(はたご) 2011.12.26. Canon PowerShot A700






群馬県吾妻郡東吾妻町 かやぶきの郷 薬師温泉 薬師の湯
薬師温泉 薬師の湯
撮影:群馬県吾妻郡吾妻町 かやぶき郷 薬師温泉 旅籠 2011.12.26. Canon PowerShot A700





訳詞温泉 旅籠 20111226
薬師温泉 旅籠(はたご)
撮影:群馬県吾妻郡吾妻町 かやぶき郷 薬師温泉 旅籠 2011.12.26. Canon PowerShot A700 ISO100 1/30sec. f3.5




 

   
プロフィール

ダッファー 

Author:ダッファー 
夢 もう一度St.Andrewsオールドコース17番でパーを取る。
似た役者 中村扇雀 改め坂田藤十郎
夢中対象 ゴルフ 1989(H23) '90(H14)'93(H7)'96(H5) 2004(H8) /写真/花鳥風月 
ホールインワンは3回しか達成していない。生涯計画6回完遂^^。

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
天気予報(札幌・石狩地方)
天気予報(全国)

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
最新記事
ブロとも一覧

あわピューing・GOLF

ニュースエンターテイメント

CHYARAの徒然日記

シャンクな日々改めシングルへの日々(2006年12月27日)

しんしんの日記

愉快な仲間と楽しいゴルフ&スキー

syoball

ゴルフ大好きです(in静岡)
カテゴリ
ブログ内検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
RSSリンクの表示