18番グリーンで珍事、投げて渡した球が池ポチャ

ゴルフのテレビ中継で、グリーン上の球をピックアップした選手がキャディーに放り、キャディーがそれをキャッチして球を拭くシーンを見る。

格好良いが、もしキャディーが球を取り損ねて、池に転がり込んだりしたらどうなるだろうか、と訝ったことがある。

それが現実となった・・・・。




20161112
© ALBA 提供 必死の捜索もボールは見つからず…(撮影:福田文平)
<伊藤園レディス 2日目◇12日◇グレートアイランド倶楽部(6,639ヤード・パー72)>

 初日に消化できなかった第1ラウンドを終えるために15番から競技を再開した畑岡奈紗、松森彩夏、鈴木愛組。18番グリーンまで問題なくきて、松森と畑岡は2オンに成功。そこで“珍事”起こった。

 松森はマークした球を拭いてもらおうとキャディに投げてボールを渡そうとしたが、キャディはそれに気づかずにボールはグリーン脇の池へ。キャディは靴や上着を脱いで胸まで水につかりボールを捜したが、見つからず。ゴルフ規則15-2“とりかえられた球”の違反で2打罰がかされ、このホールは痛恨のダブルボギーとなってしまった。

 なお、松森は1オーバー31位タイ、畑岡は2アンダー7位タイで第1ラウンドを終えている。


【ゴルフ規則 15-2 取り替えられた球から抜粋】
規則上球を取り替えることが許されていないのにプレーヤーがその球を取り替えた場合、(誤球がプレーヤーによってドロップされたり、プレースされた場合の意図しない取替えを含む)、取り替えられた球は誤球ではなく、その球はインプレーの球となる。誤りが規則20-6の規定に従って訂正されずプレーヤーが間違って取り替えられた球をストロークしたときは、プレーヤーは該当する規則に基づいて、マッチプレーではそのホールの負け、ストロークプレーでは2打の罰を受け、ストロークプレーでは取り替えられた球でそのホールを終えないといけない。

【ゴルフ規則裁定集 15-2/1 マークしたあとにキャディーに投げて渡した球が池に入ったので、別の球でプレー】
質問:プレーヤーがパッティンググリーン上の自分の球をマークして拾い上げ、ふいてもらうために自分のキャディーに投げて渡したところ、キャディーがその球を受けそこねて池に入れてしまい回収できなくなった。止むを得ず、プレーヤーは別の球でホールアウトしたが、規則15-2により罰せられるか。

回答:罰を受ける。球は規則16-1bに基づいて拾い上げられているが、規則16-1bは別の球への取り替えを許していない。したがって、プレーヤーはマッチプレーではそのホールの負け、ストロークプレーでは2打の罰を受ける。
http://www.msn.com/ja-jp/sports/golf/18%e7%95%aa%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%81%a7%e7%8f%8d%e4%ba%8b%e3%80%81%e6%8a%95%e3%81%92%e3%81%a6%e6%b8%a1%e3%81%97%e3%81%9f%e7%90%83%e3%81%8c%e6%b1%a0%e3%83%9d%e3%83%81%e3%83%a3/ar-AAkc3ii?ocid=mailsignout#page=2

鈴木愛が失格 ギャラリー指摘で前日の罰打ミスが判明

ゴルフのルールを知らないでゴルフ・プレーするのは、運転規則を知らないで車を運転するようなものだ。

ところが、ツアープロですら時としてルールを知らなかったり、勘違いをしたりすることがある。

今回は急成長を遂げつつある鈴木愛がゴルファーなら誰でも知っている"はず"のルール違反を犯し、しかもそれに伴う罰打を少なく申告した、という深刻かつやや滑稽な内容だ。

ゴルフダイジェストのニュースが伝えている。

-------------------------------------------------------------------

鈴木愛が失格 ギャラリー指摘で前日の罰打ミスが判明

2015/05/23 18:30:37





鈴木愛
2015年 中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン 2日目 鈴木愛
 -ゴルフダイジェスト・ニュースより-



「中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン」2日目、通算8アンダーまで伸ばし、3位タイでホールアウトした“はず”の鈴木愛が、まさかの失格になった。初日のプレーで、本来2罰打とすべきところを1罰打としてスコアカードを提出したため、スコアの過少申告に該当するとされた。

鈴木は、初日の12番(パー3)で、ラテラル・ウォーターハザード(赤杭内)からの2打目を打つ前、ルースインペディメント(固定されていない自然物)に当たる木の葉を取り除いた。

ゴルフ規則13-4は、球がハザード内にある場合「ルースインペディメントに触れたり、それを動かすこと」を禁止行為とし、罰打を2打と定めている。

鈴木と日本女子プロゴルフ協会(LPGA)によると、鈴木は、同組だった比嘉真美子、馬場ゆかりから木の葉を取り除いた行為について違反の指摘を受けた。その際、マーカーの比嘉との間で1罰打と確認し合い、このホールを「5」とスコアカードに記入。その場で競技委員を呼んだり、アテスト前に競技委員に確認したりせず、そのまま提出した。

翌2日目になって、コースに来ていたギャラリーから「昨日の12番には罰打がついたのか?」との質問がLPGAに寄せられた。そのプレーを認識していなかったLPGAは、ホールアウト後に鈴木らを呼び、事実関係を確認。すると、罰打を間違えていたことが判明した。結果、「12番のスコアは6打であるところを真実よりも少ない5打で申告した」として、失格の裁定が下された。

井上奈都子LPGA競技ディレクターは「1罰打だと思い込んでいたのだろうが、本来はアテストする前に確認してもらえば一番良かった。選手には少しでも疑問があれば、必ず競技委員を呼んでほしいと言っているのだが…」と話した。

鈴木は「自分がルールを知らなかったのが、一番の責任」と唇をかんだ。

<ゴルフ規則13-4>
球がハザード内にある場合:禁止行為
規則で決められている場合を除き、プレーヤーはバンカーであるかウォーターハザードであるかにかかわらず、ハザード内にある球や、ハザード内から拾い上げられていてあとでそのハザード内にドロップするかプレーすることとなる球をストロークする前に、次のことをしてはならない。
c.そのハザード内にあるか、またはそのハザード内に触れているルースインペディメントに触れたり、それを動かすこと。

規則13の違反の罰は
ストロークプレーでは 2打

<ゴルフ規則6-6>
ストロークプレーのスコア
d スコアの誤記
競技者は、自分のスコアカードに記入された各ホールのスコアが正確であることについて責任がある。
競技者があるホールのスコアを真実のスコアよりも少なく申告した場合、その競技者は競技失格となる。
http://news.golfdigest.co.jp/news/jlpga/article/57349/1/

--------------------------------------------------------------------------

カート道からの救済措置は?

【ゴルフルールについて質問です】

【質 問】
先日ラウンドしたコースであるホールのフェアウェイ左端がコンクリートのカート道となっていて、カート道のさらに左がすぐに壁のような崖となっていました。

壁とカート道の間はわずか15cmくらいしか無く、その間にOB杭が立っていました。
ティーショットでフックボールを打ってしまい、ボールの場所に行くと、そのカート道路上に止まっていたのですが、カート道路上の壁側、OB杭のギリギリ手前に止まっていました。
右利きなので、通常のスタンスがとれません。

この場合、どのような救済が受けられ、どのように処置をするのが正しいでしょうか?


【回 答】
あなたが遭遇した現場を見ていませんので的確な判断が出来るかどうか分かりませんが、状況の可能性を含めて、幾つかの選択があります。

まず状況判断ですが、カート道路上に止まった球は動かせない障害物からの無罰の救済を受けられます。
次に、救済のニヤレストポイントについては、球のある位置からホールに近づかないで障害を避けられる最も近い地点ですから、カート道の左側、OB杭寄りになります。崖により通常のスタンスが取れるかどうかはこの際関係ありません。非常に窮屈なスタンスしか取れない場合もあるでしょうし、スタンスそのものが取れないかも知れません。ニヤレストポイントからホールに近づかない1クラブレングス以内にドロップをします。ドロップの手続きを正しく終えた時点で、球はカート道とアウトバウンズの間15センチのどこかにあるでしょう。
次にその球を打つことになりますが、
I意図するスイングをしてカート道が障害とならない場合,と
II意図するスイングをすればカート道が障害となる場合に分けて述べます。

I. 意図するスイングをしてカート道が障害とならない場合は、たとえ通常のスタンスが取れなくてもそのまま打たざるを得ません。スタンスを取るところがアウトバウンズであっても構いません。もし崖が急であったり危険を伴って物理的にスタンスが取れないような場合は、アンプレヤブルを宣言し、1打の罰のもとにプレー(この場合はホールに近づかない2クラブレングス以内にドロップをするなど)をすることができます。

また、通常のスタンスが取れないので、あなたの場合は右打ちですが、あえて左打ちを試みるかも知れません。その場合、カート道の上でスタンスを取ることになれば、無罰で救済を受けることが出来ます。カート道の右側にニヤレストポイントを設定できるでしょう。ドロップの手続きをしてから左打ちをしてもよく、また本来の右打ちをしても構いません。右打ちをする場合、そのままではスタンスがカート道にかかることもあるでしょう。そのまま打っても良いし、無罰で動かせない障害物(カート道)からの救済を受けることが出来ます。

II.意図するスイングをすればカート道が障害となる場合、例えばグリーン方向に打とうとするとクラブフェースがカート道の端に当たるとか、フェアウエーに戻そうとするとカート道にスタンスがかかるとかがそうですが、その場合は無罰で救済を受けられます。今度はその周辺の地形にもよりますが、カート道とOBのラインの間が15センチのままであれば、カート道の右側に救済のニヤレストポイントを設定することになるでしょう。カート道からの障害を避けられ、ホールに近づかない、元の球に最も近い地点が救済のニヤレストポイントとなります。

ルール上取ることが出来る措置について述べました。
どの処置をするかはプレーヤーのそのときの状況判断に委ねられますが、あなたの場合はI.II.のいずれであっても結果的にはカート道の右側に無罰で救済を受けられたと思います。ただ、ルールの適用については、同伴競技者や相手に説明出来ることが必要です。



【質問した人からのコメント】
ありがとうございました! すっきりしまいた。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1123302896?fr=chie_my_notice_ans_good

   
プロフィール

ダッファー 

Author:ダッファー 
夢 もう一度St.Andrewsオールドコース17番でパーを取る。
似た役者 中村扇雀 改め坂田藤十郎
夢中対象 ゴルフ 1989(H23) '90(H14)'93(H7)'96(H5) 2004(H8) /写真/花鳥風月 
ホールインワンは3回しか達成していない。生涯計画6回完遂^^。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
天気予報(札幌・石狩地方)
天気予報(全国)

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
最新記事
ブロとも一覧

あわピューing・GOLF

ニュースエンターテイメント

CHYARAの徒然日記

シャンクな日々改めシングルへの日々(2006年12月27日)

しんしんの日記

愉快な仲間と楽しいゴルフ&スキー

syoball

ゴルフ大好きです(in静岡)
カテゴリ
ブログ内検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
RSSリンクの表示