FC2ブログ

PC絶不調

愛用のPC機がインターネット接続不能になっています。
Windowsの「回復」措置を講じたところ、アンチウィルスソフトが作業を妨害している可能性が表示されました。
配信会社に連絡して善後策をとらなければなりません。

予備用のPCを起動させました。
BIOSに問題があるのか、ここでもアンチウイルスソフトが悪さをしているのか、画面が揺れる症状がよく起こり、再起動や強制シャットアウトをしばしば余儀なくされています。

今は「安定期」にあるようなので、現状報告を試みました。
この数日は膨大なデータのバックアップを取る作業をしています。


■Do you want the good news or the bad news first?

■Do you want the good news or the bad news first?
A new study aims to answer the age-old question
BY BETHANY BROOKSHIRE, NOVEMBER 14, 2013

“So, there's good news and bad news.”

An opening like that will send a chill through your veins, no matter what the topic. It's especially worrying when coming from a significant other or a doctor. And the statement is often followed by a question: Which do you want first, the good news or the bad news? A new study says that you probably want the bad news first. But it also finds that, if the decision is left to the news deliverer, you can't always get what you want.




続きを読む

■Good News or Bad News: Which Do You Want First?


■Good News or Bad News: Which Do You Want First?

A new study makes the argument for bad before good—with some exceptions.

BY CATHY NEWMAN, NATIONAL GEOGRAPHIC
PUBLISHED NOVEMBER 18, 2013

DO YOU WANT the good news or the bad news first?

It's the setup line to a well-worn genre of joke, but it's no laughing matter, according to Angela Legg, a Ph.D. student in psychology at the University of California, Riverside.

Legg's research—done with Kate Sweeney, also of UC Riverside, and published online in the Personality and Social Psychology Bulletin—put a scientific lens to the question.

The answer, Legg found, depends on whether you are the giver or receiver of the bad news, and if the information will be used to modify behavior.

続きを読む

Good news and bad news (いい知らせと、わるい知らせ)



■Good news and bad news
Doctor: I have good news and bad news.
Patient: Go with the good news first.
Doctor: You have 24 hours to live.
Patient: What!?! How about the bad news?
Doctor: Um... I forgot to tell you yesterday.

■いい知らせと、わるい知らせ
医者:いい知らせとわるい知らせがあります。
患者:いい知らせを先に言ってください。
医者:あなたは24時間生きられます。
患者:何だって!?! じゃあわるい知らせは?
医者:あのう・・・きのうお知らせするのを忘れました。

いい知らせと、悪い知らせ -チョコっとね

Mr. Duffer said to his wife, "There is a good news and a bad news. Which news would you like to hear first?" (ダッファー氏は妻に言った、「いい知らせと、悪い知らせがある。どっちの知らせを先に聞きたい?」)

「いい知らせの方を。」

氏は今宅配便で届けられたばかりの荷を解きながら言った、「じゃあ、モロゾフのチョコレートとお菓子をどうぞ。」

「あら、すてき。どうしたの?」







DSCN3355 600x マルカキカイ優待品モロゾフ 20190203
モロゾフのチョコレート、クッキーの菓子箱

続きを読む

家庭内文化格差

奥様は早起きしておべべを召し、しゃなりしゃなりとでかけた。

初釜でお家元が茶を点ててくださる恒例行事であるとか。

わたしは遅めに起きて、前日から始めた『オリバー・ツイスト』をちらっと読む。

昨年11月末から風邪をこじらせて家に閉じこもることが多く、これを良い機会にとコナン・ドイルのシャーロック・ホームズシリーズを耽読していた。

シャーロック・ホームズの『冒険』シリーズ、『回想』シリーズ、『最後の挨拶』シリーズ、『復帰』シリーズ、おまけに単行本だの短編だの手当たり次第に読み倒して、いささか飽食気味になっていた。

現役で仕事をしている間は、一作・二作は一度に読んでも、同じシリーズを千ページも二千ページも読み続けることはなかったから、良い経験だった。

殺人事件が起こるのは当たり前だが、全部が全部そういう訳でもなく、まったく誰も物理的に傷つかないでことが解決する「事件」も結構あって、ストーリーの展開が面白い。

学生時代に読んだものも半世紀ぶりに読み返してみると、やっぱり筋の運びが面白かった。



そこで、お次は・・・と、チャールズ・ディケンズの『オリバー・ツイスト』を手にしたのだった。

昼には散歩を兼ねてさかなや道場へおもむき、ハンバーグ定食+生ビールを平らげた。

ふと思い起こすと、奥様はわたしの「ハンバーグ+生ビール」+イギリス小説(アデレード大学のウェブページよりダウンロード、および市立図書館から拝借、0円)より40~50倍の費用をかけて日本文化を楽しんでいる頃だ。

今日だけが例外ではない。

今年も、家庭内文化格差は大きな乖離を保ったまま、過ぎゆくに違いない。 

嗚呼。










DSCN3346 600x 20190118F ランチ ハンバーグ定食 600 _ 321beer 921円
さかなや道場の「おろしハンバーグ定食」+生ビール
調理を待っている間にも『オリバー・ツイスト』を1章読み進む
ほろ酔い気分で帰路につき、脳内音楽に合わせてツイストを踊るのが正統派の読み方、とか。


「しらぬひ」が届いた

九州のゴルフ界において、肩で風切るゴルファー、キミトさんから「しらぬひ」が届いた。

一般には「デコポン」と呼ばれる、このオレンジ(みかん)は、今年は特に大玉で甘くジューシーだ。

お礼を言うためにまずは食後に頬張ってみたが、まったくもってうまい!

正月の楽しみに取っておきたいが、果たしてそれまで我慢できるか、はなはだ心許ない。

実は食べてしまっても、皮はマーマレードの材料になるから、これは取っておく。

現在の予測では、正月にマーマレードが大活躍するだろう。








DSCN3334 600x 20181212 しらぬひ でこぽん
大玉の「しらぬひ」(デコポン) 
今年は特に大きく甘くジューシーだ。








婦唱夫随

       
木枯らし吹く頃、北国からカモたちが飛来する。

箱根ガラスの森美術館の池にもマガモの番が来た。

メスが先頭を切り「グェッ グェッ!」

オスは寡黙についていく。

似てるなぁ。


友人夫妻と箱根に遊び、温泉に浸かる。

その翌週には、JALに飛び乗り、出雲大社・美保神社の両参りを果たし、足立美術館で横山大観を体感した。

年明けにはインドへの旅が決まっている。

うちのよめはん、またも号令をかけ旅の旗振りを始めた。

おっとは黙ってついていく。





DSCN2764 600x 20181123 箱根ガラスの森美術館 Nikon Coolpix B500, ISO140 60 5-9
婦唱夫随(?)のマガモ Anas platyrhynchos 左♀ 右♂       
撮影: 2018年11月23日(金)  箱根ガラスの森美術館 Nikon Coolpix B500, ISO140 1/60sec F.5.9 8D05

川魚を狙うコサギをねらう

多摩川、これは山梨県に発し、奥多摩や三多摩を経て最後には東京湾に注ぐ、なじみの深い川だ。

その河口から25キロほどのところ、江戸時代すでに二ヶ領上河原堰が設けられ、治水・灌漑に利用されてきた。

左岸は東京の調布市、右岸は神奈川の多摩区に接している。

今、堰の上流は静かな人造湖になっており、その周辺はコイやフナ、アユやモロコの川魚が棲み、釣り人が糸を垂れている光景がよく見られる。

コサギ、ダイサギ、アオサギなどのサギ類やカワウも毎日魚を漁っている。

秋の晴れた日、魚を獲るコサギを撮ってみた。









DSC_4308 600x 20181031 Nikon D7100, Tamron SP 150-600mm
太公望たち 右手向こうにコサギが二十羽ほど群がっている
2018.10.31.多摩川 二ヶ領上河原堰付近
Nikon D7100, Tamron SP 150-600mm F5-6.3 Di VC USD




続きを読む

風が吹いた翌日の川面

風が吹いた翌日の川面に落ち葉が集まっていた。

桜の木はしばらく前から落とし続けている。

細かい葉のようなものがあるのでよく見るとネムノキからのものだった。

近くに、枝付きのものも浮かんでいる。

ひときわ大きいのはホオノキの葉だ。

山は紅葉の最盛期を迎えているだろう。










DSC_4463 600x 2018117 風が吹いた翌日の川面 桜・ネムノキ・ホオノキ 程久保川


DSC_4471 600x 2018117 風が吹いた翌日の川面 桜・ネムノキ・ホオノキ 程久保川


続きを読む

逸品 ぺんてるRolly(ローリー)ノック式ボールペン 

だれしもお気に入りの道具や器具がある。

筆記具にしてしかり。

ここ数年、ぺんてるの特定のボールペンが書きやすく、気に入って、もっぱらそれを使っている。

「ぺんてるRolly(ローリー)ノック式ボールペン 0.7mm」である。



Pentel Rolly BP127 Black
現在使用中のぺんてるRolly(ローリー)ボールペン
最初は出版社の南雲堂やとうふ処の三河屋からもらって気に入り、その後は指名買いをしている



なめらかな書き味、かすれもなくインクがなくなるまで書ける。

たいていのボールペンは、途中でかすれたり書きづらくなったり、インクが固まって書けなくなったりする。

それがない。

握りやすく、バランスも良く、逸品だ。

最初は出版社の南雲堂やとうふ処の三河屋からもらって気に入り、その後は指名買いをしている。

一本108円の安価で、しかも生協やディスカウントストアでは80円台で買える。

机の周辺に使用中のが5本見つかったから、いくつかのバッグやジャケットを探ればさらに5本や10本が見つかることだろう。

そろそろ買い増そうかと以前勤めていた大学の生協へ行ったら、見つからない。

そこで、青色と黒色のをそれぞれ10本ずつ取り寄せてもらうことにした。

後日、生協の係から電話があって、「ローリーは製造中止となりました」と寝耳に水の話。

納入の担当があちこち探してくれているとのことで、やがて青色が10本、黒色が10本にさらに5本が確保できるとのことだった。

全部もらうことにして、受け取りに行った。

 

続きを読む

人間人形のプリッキー山田さん、目黒川を望む一隅に陣取る 

10月6日の土曜日、歯の定期チェックのため、中目黒にある久保デンタルオフィスを訪れた。

この日は電車と徒歩で行ったが、たっぷり時間があったので少し遠回りをしようと、中目黒駅から目黒川沿いに出て遡上、秋のせせらぎを眺めたり、生け垣の隙間で紫の花を天に突き出しているヤブランをマクロで撮ったり、ぶらりぶらりと蛇行していた。

目黒川を望む車一台が駐められるほどのいつもはがらんとしているコンクリートのスペースに、パラソルを差しポータブルのテーブルに小物を展示して絵を描いているらしい女性がいた。

おや、何しているのだろう?









20181006 人間人形 プリッキー山田 中目黒にて
2018.10.06. 人間人形 プリッキー山田さん 
中目黒にて

続きを読む

無事です <平成30年北海道胆振東部地震

2018年9月6日(木)午前3時8分、ドドーン!と突き上げる振動で目覚めると、窓外にパチー、パチー!と青白い閃光が走り、即停電。

さては、電線がショートしたか、トランスから火を噴いたか・・・と。

震度5か。いや6か。

ひとしきり激しい揺れが収まると、通常なら電気が回復するのに、いつまでたっても暗闇のまま。

続きを読む

グレート札幌カントリー俱楽部 【2018北海道ゴルフ三昧シリーズ-16】

 8月の最終週は、27日(月)、29日(水)、31日(金)と、一日置きの「規則正しい」ラウンドとなった。

初日の27日は、苫小牧から「塾長」とそのお仲間を迎え、ベスさんをまじえて、グレート札幌カントリー俱楽部でのラウンドとなった。

塾長は元ドラコン選手権で鳴らした強者、ここ数年わたしが飛ばなくなったのを嘆いているからか声をかけてくれたのが縁で、昨年もグレートでのラウンドと苫小牧での練習場で「レッスン」をしてくれている。









CIMG5938 600x 20180827 グレートCC 1H Par5
2018.8. 27. グレート札幌カントリー俱楽部

続きを読む

鮨食いねぇ  

 もう10年ほどになるだろうか、それまで不定期だった「会合」がほぼ定期的な「会合」になったのは。

札幌の中学で2年次、3年次の担任だった星野先生を囲んで元同級生が年に一度会っている。

わたしが東京から札幌へ来るお盆のころがその始まりだった。

今年も互いの「無事」を確かめ合った。

最初は、あちこち札幌市内の居酒屋だったり、ホテルだったりしたが、ここ数年は先生お気に入りの「鮨三楽」が会場となっている。







DSCN2271 600x 20180824 鮨三楽 3000
鮨三楽

続きを読む

   
プロフィール

ダッファー 

Author:ダッファー 
夢 もう一度St.Andrewsオールドコース17番でパーを取る。
似た役者 中村扇雀 改め坂田藤十郎
夢中対象 ゴルフ 1989(H23) '90(H14)'93(H7)'96(H5) 2004(H8) 2007(H7) 2018(H9) /写真/花鳥風月 
ホールインワンは3回しか達成していない。生涯計画6回完遂^^。

カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新コメント
天気予報(札幌・石狩地方)
天気予報(全国)

-天気予報コム- -FC2-
月別アーカイブ
リンク
最新記事
ブロとも一覧

あわピューing・GOLF

CHYARAの徒然日記

桃香の写真俳句ブログ

シャンクな日々改めシングルへの日々(2006年12月27日)

しんしんの日記

愉快な仲間と楽しいゴルフ&スキー

syoball

ゴルフ大好きです(in静岡)
カテゴリ
ブログ内検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
RSSリンクの表示